ANAカードファミリーマイル

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

年間432,000マイルを貯めるANAカードファミリーマイルの破壊力とは

 

 

 

 

陸マイラーの方なら、ANAカードを決済に使って決済マイルを貯めて、ポイントサイトのポイントはソラチカカードを経由してマイルを貯める。プラス、フライトマイルも貯めている

 

 

このスタイルがマイラーとしてのまず目指すべきスタイルですよね。これで年間216,000マイルが貯まります。この方法をまだ知らない人は「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでみてください。

 

 

今回はさらに中級マイラー向けに年間432,000マイルを貯めてしまう方法を解説します。結論から言ってしまうと「ANAカードファミリーマイル」を使います。この「ANAカードファミリーマイル」は登録無料ですが、登録するだけで、年間432,000マイルを貯めることが出来る世界の扉が開きます。その破壊力は抜群ですので、ぜひこの記事を読んで登録してみてください。

 

 

「特典利用者登録」と混合しないこと

 

ANAファミリーマイルとよく似た制度で「特典利用者登録」というものがあります。これは、「ANAマイレージ会員本人以外の会員の配偶者(同姓パートナー含む)および2親等以内の家族」で最大10名まで登録でき、会員本人がこの対象家族分の特典航空券を発行出来るというものです。

 

 

よってイメージ的には「会員本人のマイルを使って家族に特典航空券を発券してあげる」時に使うもの、です。

 

 

あと、上記に記載した特典利用者登録を出来る範囲が、ANAファミリーマイルと異なりますので注意してください。

 

(https://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/note.html)

 

 

ANAカードファミリーマイルとは

 

ANAカードファミリーマイルとは、本人と家族がそれぞれに貯めたマイルを合算して利用できるANAカード個人会員限定のサービス

 

 

利用できる特典交換は、ANA国内線特典航空券をはじめ、ANA国際線特典航空券、ANA国際線アップグレード特典、提携航空会社特典航空券、ANA SKYコインとなります。

 

 

登録方法は、以下の通り。

 

 

1.家族の中でANAカード本会員の中から、ANAカードファミリーマイルの代表者となる「プライム会員(親会員)」を決める。

 

 ↓

 

2.プライム会員と生計を同一とし、同居する配偶者(同姓パートナー含む)および1親等以内の家族で、「ファミリー会員(子会員)」を決める。ファミリ―会員は1~9名登録可能。

 

 ↓

 

3.プライム会員がファミリー会員を登録する

 

 

 

http://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/familymile.html

 

 

例えば、

 

 

プライム会員(父)・・・12,000マイル

 

ファミリー会員(母)・・・9,000マイル

 

ファミリー会員(子)・・・6,000マイル

 

ファミリー会員(子)・・・2,000マイル

 

 

を持っていて、東京ー沖縄を往復する特典航空券(14,000マイル。ローシーズン)を子供2人用として2枚発券したいと思っても、1人で14,000マイルを持っている会員が一人もいないので、2枚どころか1枚も発券出来ません。

 

 

しかし、ANAカードファミリーマイルを利用すると、家族4人分のマイル(29,000マイル)をプライム会員に合算出来ます。

 

 

そして、その後、14,000マイルが必要な特典航空券2枚(合計28,000マイル使用)を発行することが出来ます。

 

 

つまり、前述の特典利用者登録との使い方の違いですが、こちらのANAカードファミリーマイルの方は、「家族間のマイルをかき集める」時に使うもの、となります。

 

 

話を総合すると、

 

 

・特典利用者登録⇒対象の家族にマイルを使ってあげる

 

・ANAカードファミリーマイル⇒対象の家族からマイルをかき集める

 

 

といった使い方になります。

 

 

ここで注意点なのですが、ANAカードファミリーマイルを使って、家族からマイルをかき集め、特典航空券を発行する際には、「特典利用者登録」をしておかねばいけません。ということは、ANAカードファミリーマイルで集めることができる範囲は

 

 

「プライム会員と生計を同一とし、同居する配偶者(同姓パートナー含む)および1親等以内の家族」

 

 

ですが、実際に特典航空券を発行出来るのは、

 

 

「ANAマイレージ会員本人以外の会員の配偶者(同姓パートナー含む)および2親等以内の家族」

 

 

となり、特典航空券が利用できる家族の範囲は、ANAカードファミリーマイルの家族範囲より広くなる。ということになります。この辺りがややこしいですね。

 

 

また、この辺りを鑑みると、よく混合される「特典利用者登録」と「ANAカードファミリーマイル」は、全く別々の制度ではなく、同時に使える機能ということになります。

 

 

 

ANAカードファミリーマイルを登録せず、家族別々のANAカード本会員の場合

 

 

最近はクレジットカードは結婚する前から持っている人が多いと思います。つまり、その時点ではそれぞれがANAカード本会員ということになります。ですから、ANAカード保有者の2人が結婚した場合、そのままカード本会員になっているというケースは多いと思います。

 

 

この状態でマイルを貯めると、カード決済によるマイルも、フライトマイルも別々に貯まっていくことになります。ANAカードファミリーマイルに登録していないと、仮にそれぞれが5,000マイルに満たないマイルしか貯まっていない場合、特典航空券は1枚も発行出来ないということになります。

 

 

 

 

ANA家族カードを発行している場合(ANAカードファミリーマイル登録なし)

 

「ANAのクレジットカードを持っているが、家族のカードでもマイルを貯めたい。でも年会費を考えると本会員ではなく、家族会員の方が安いから家族カードを発行したい」

 

 

と考える人も多いのではないでしょうか。

 

 

この場合は、カード決済については家族会員がカード決済で貯めたマイル(ポイント)は全て本人(本会員)のマイル(ポイント)になります。一方、フライトマイルについては家族会員に貯まっていきます。しかし、ANAカードファミリーマイルに登録していませんので、フライトマイルの合算は出来ません。ただ、本人(本会員)に特典航空券を発券出来るだけのマイルが貯まっている場合、家族会員には「特典利用者登録」で本人(本会員)のマイルを使って家族に特典航空券を発券することは可能です。

 

 

 

ANAカードファミリーマイルを登録すると・・・

 

ANAカードファミリーマイルに登録すると、結果的に家族分の決済マイルもフライトマイルも合算して本人(本会員=プライム会員)がマイルを使うことが出来るようになります。ただし、プライム会員になれるのは家族内でカード本会員である1人だけです。この点が仮に夫婦でSFCを目指したい場合、協議が必要なところです・・・

 

 

 

 

ANAカードの本会員と家族会員の使い分けで絶対考慮すべき点とは

 

ANAカードファミリーマイルを使えば、プライム会員以外は本会員でもいいし、家族会員でもかまいません。しかし、家族カードでは出来ないことがあったり、年度ごとの継続マイルがなかったりもします。一方、年会費は安く済ませることが出来ます。要は一長一短なので、何を優先すべきか?で方法論は変わってきます。

 

 

ただ、一点だけ伝えておきたい点があります。それは、

 

 

「ソラチカカードは家族も本会員で発行すること」

 

 

その理由は、「ソラチカカードのメトロポイントはANAマイルに移行出来ないから」です。もうこの点を見過ごすと、「何のためにポイントサイトでポイントを貯めて、ソラチカルートを開通させてるの?」と非難を浴びてもよいくらいのミステイクを犯すことになります。唯一無二のメトロポイント⇒ANAマイルのルートを自ら閉じてしまうことになるからです。

 

ソラチカルートを知らない方はこちら

 

 

その点だけ押さえておけば、ソラチカルートを利用して、本人(本会員)、家族(家族会員)それぞれが最大18,000マイル/月貯められるわけですから、加えてANAカードファミリーマイルに登録しておけば、年間216,000マイル/人×2人=432,000マイルを貯めることが出来るようになります。しかもこれはソラチカルートだけの話ですから、カード本体に貯まるカード決済によるマイルやフライトマイルも加えて貯まるので、年間500,000万マイル貯めることも十分に実現可能です。

 

 

このANAファミリーマイルは本来、「なかなかマイルが貯まらない」というカード会員の声を回避するために作られた制度だと推測できます(根拠ありませんが)。だって、東京ー沖縄一人分の最低の14,000マイル(往復)をカード決済で貯めようとすると、1,400,000円決済しないといけないわけですから(還元率1%)。これではカード会員一人が年に1~2枚の特典航空券を発券するのがやっとではないでしょうか。しかし、ANAファミリーマイルを利用するとカード会員一人の負担がずいぶん減りますよね。

 

 

おそらくこのような背景からANAカードファミリーマイルは生まれて来たと思いますが、私たち陸マイラーにとっては、全く異なる意味を持ち、年間432,000マイルも貯めることが出来てしまう恐ろしい破壊力を発揮する制度になります。

 

 

ぜひこのANAカードファミリーマイルを利用して、大量マイルの獲得を実現してみてください。

 

 

まだ年間216,000マイルを貯めることが出来ていない方はこちら

 

 

 

↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿

陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは150万マイル以上を保有。JALグローバルクラブ(JGC)会員、ANAスーパーフライヤーズ(SFC)会員。ヒルトンHオナーズ、SPG、マリオットゴールド会員。陸マイラー3年生。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたの人生が大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識している還元率も高い開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。最近ドットマネーギフトコードにも対応。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ