シンガポール 空港 ラウンジ

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【SFC修行】一撃大量ANAマイル獲得の必殺技SINタッチ。シンガポール・チャンギ空港でお勧めの過ごし方~その2

 

 

前回記事を読んでいない方はこちらから

↓↓↓

【SFC修行】一撃大量ANAマイル獲得の必殺技SINタッチ。シンガポール・チャンギ空港でお勧めの過ごし方~その1

 

 

 

SFC修行のためのSINタッチで、シンガポール・チャンギ空港での1泊滞在中、「シンガポール・チャンギ空港で一銭も使わず宿泊して帰国すること」という目標が、意外なところでつまづきそうな予感・・・そう、私はこの時点で無料アルコールに辿り着いてないのだ。。。

 

 

すでにシンガポールへ到着してから、3つのラウンジをハシゴ。時間は深夜0時を過ぎています。各ラウンジでは無料で食事にはありつけるけれど、肝心なアルコールが無料でゲットできない。別にアルコールを注文するだけのお金を持っていないわけではありません。ただただ、今後、続いていく陸マイラーがいるであろうSINタッチで、PP単価を上げないために参考になる(ならない?)「シンガポール・チャンギ空港で一銭も使わず宿泊して帰国すること」という目標を達成したいがため、無料のアルコールにありつくまで、調査を続けなければなりません。

 

 

 

さて、調査の続き。第3ターミナルのAmbassadorTransitラウンジの居心地の悪さに衝撃を受けて(笑)、第1ターミナルに帰って来たわけですが、その間にいろいろ調べていると、どうみても重厚な光を放ち、航空会社のステイタスを持たない陸マイラーなんぞには、敷居を跨がせない!といった雰囲気のラウンジが、実はプライオリティパスで入れることがわかりました。ホント、ネット情報ってありがたい。

 

 

 

その重厚な雰囲気のラウンジとはdnataラウンジ

 

 

 

青く怪しげに光るロゴマーク。そしてガラスは前面スモークガラス。どこから見てもぼったくりバー。一番最初に第1ターミナルのラウンジを物色していた時に一度、このラウンジの前まで来ているのですが、「あ、ここは無理だな」と完全なる先入観の元、次のラウンジを探しに行った経験を思い出す。でも実はここもプライオリティパスで入れるんですね。そうなれば怖いモノ見たさに入ってみるしかないですよね。それが結果的には大正解!となるとは、この時点では知る由もありませんでした。

 

 

 

 

 

dinataラウンジに入ってみると、中は長細〜いラウンジとなっており、奥の方の席は食事が置いてあるスペース(写真手前)から距離がかなりありました。なかなかポジショニングが難しいレイアウト。ただ、デメリットとしてはそれくらいで、出来るだけ手前の方に陣取れば問題ありません。

 

 

 

そして食事。温かいメニューがいくつかありました(何だったか忘れた)。

 

 

その他、こういった揚げ物もあって、酒の肴にはぴったりです。・・・ん?肝心なアルコールは???

 

 

 

ありました!!!Tigerビール、ハイネケン?が所狭しと並んでいます!もちろん無料!

 

 

 

その他、赤ワイン、白ワイン、その他いろいろ置いてありました。もちろん無料!(くどい?)

 

 

シンガポール・チャンギ空港でのラウンジ3軒目にして、ようやく無料のアルコールにありつけました。いや~、格別の一杯だったな~。そして何だかんだ言って今夜の3食目。

 

 

 

流石に3食目となると無理やり詰め込んだ感はありますが、続く修行僧のための調査なので、食事以外にビールと、赤ワインを少々いただきました。そろそろ寝床を見つけないといけない時間になっていましたので、今回のチャンギ空港での1泊は、このdnataラウンジにすることにしました。

 

 

 

 

 

このdnataラウンジは、他のラウンジに比べて、私も一度はひるんだように表構えが重厚なためか、あまり利用者もおらず、とても静かでした。そういった理由もありましたが、私が宿泊を決めたのは、このdnataラウンジのソファーが横になって寝ることが出来る、ということ。これ、大事です。意外と横になれるソファーが置いてあるラウンジは少ないです(寝る所ではないので当たり前)。このラウンジにはいろいろなタイプのソファーがありましたが、上記のようなタイプだと横になって寝ることが出来ます。

 

 

 

こんな感じで(笑)

 

 

さらに、上記の写真を見ても分かる通り、スマホやタブレットなどの充電のためのコンセントが、各ソファーに設置されていて(しかも最大4つ)、すぐ横で充電しておけます。

 

 

私も寝てみました(笑)

 

 

 

PCの充電は、放置していると物騒なので、テーブルの下に。

 

 

 

こんな感じで、すやすや一夜を過ごすことができました。いやー快適だったな。ちなみにこのdnataラウンジ、利用時間について3時間が上限という情報がありますが、全く問題ありませんでした(私はもちろん、上記の写真の方たちも大丈夫でしたので)。ご参考まで。

 

 

 

 

そして、快適に目覚めて、朝ごはん。ディナーで置いてあったメニューはすっかり消え失せていて、朝食メニューにきれいに交換されていました。何かこのことがホテルにいるような錯覚を受け、やけに嬉しかった。写真は温かいワッフルとスクランブルエッグ。

 

 

 

 

シリアルやスープもありました。前夜にラウンジ巡りで3食もしていたので、あまりお腹は空いていませんでしたが、とりあえず、後の陸マイラー、修行僧のために(こればっか)いただいておくことに(チャンギ空港4食目)。

 

 

 

朝食をおいしくいただいた後は、シャワー室へ。実はこのdnataラウンジでの宿泊を決めた理由として、もう一つ、シャワー室の充実ぶりがありました。他のラウンジでもシャワー室があるところはありますが(ちなみに後述のSATSは普通のトイレと併設になっていて狭くて最悪)、このdnataラウンジのシャワー室は広い!シャワー室の他に着替えるスペース、トイレ、洗面台とそれぞれに十分なスペースがあり、かつ各個室でカギをかけることが出来て、完全なプライベートスペースになるんです。これには感動しましたね。

 

 

左がシャワールーム、右がトイレ。

 

 

洗面台。すべてがとても清潔。そして広い。アパホテルのシングルルームくらいはあるぞ。

 

 

 

食事、就寝スペース、そしてシャワー室。完璧ですね、dnataラウンジ。復路のフライトの前にシャワーでスッキリしてからフライトに臨むことが出来ました。これって完全に野宿のレベルを超越していると思います。もはやホテルですね。

 

 

 

dnataラウンジで大満足し、課題だった「無料アルコール」にたどり着いた私は、そのままフライト時間まで快適なdnataラウンジにいてもよかったのですが、実は今後、シンガポール・チャンギ空港に来る陸マイラーのために、さらなる調査をしなければ!との使命感に突き動かされ、どうしても気になっていた今回のチャンギ空港滞在で5件目となるラウンジへ向かうことに。

 

 

 

そのラウンジとは、ANAが発着する第2ターミナルにあるSATS Premier Lounge。ANAも公式に利用を案内している航空会社共用のラウンジです。ちなみに「SATS」の意味は「シンガポール空港ターミナルサービス」で、シンガポール航空の子会社とのこと。そのため各ターミナルにあるラウンジですが、第2ターミナルのSATSが一番広いと思います。

 

SATSラウンジ入口。

 

 

ホットミールは今までのラウンジより一番充実していました。

 

 

ホットミールスペースの一番端っこにヌードルのコーナー有り。自分でゆでるセルフサービスでした。今回の滞在でヌードル系は一度も口にしていなかったので、このメニュー(LAKUSA)をいただきました。

 

 

 

ビールはタイガーのみでしたが、もちろん無料。今まで無料アルコールにありつけなかったのがウソのように連続ゲット。

 

 

シンガポール・チャンギ空港でのSINタッチ最後の晩餐(夕方から翌朝までの短時間で5食目。笑)やっぱり世界に出ても締めは麺類ですね。

 

 

フルーツも充実。でもバナナ以外は食べにくいですよね。みんなどうしてるんだろ?

 

 

SATSラウンジで着目したのはワインの充実度。結構いろいろ置いてありました。が、もうおなかいっぱいで飲めませんでした。。。

 

 

ラウンジ内はこんな感じ。ちょっとわかりにくくてすみません。結構人がいたので、どの角度からも写真が取りにくかったんです・・・

 

 

 

ということで、今回のSINタッチを敢行するに当たり、諸経費を含めたPP単価を如何にに下げるか?ということを念頭に、シンガポール・チャンギ空港での滞在に「シンガポール・チャンギ空港で一銭も使わず宿泊して帰国すること」というミッションを掲げてSINタッチを敢行しましたが、見事目標を達成できました!

 

 

 

これで宿泊や滞在中の食事は0円ですので、週末SINタッチのフライトは、純粋に運賃99,000円で11,856PPを稼げるわけですから、純粋にPP単価8.35円を達成することになります。

 

 

 

実際にSINタッチをやってみた感想は以下の通り。

 

 

・プレミアムシートで快適なフライトを堪能できる

→全然違うよ!エコノミーシートとは。

 

 

・土日で完結できる(東京、大阪)

→サラリーマン修行僧には助かる

 

 

・低いPP単価を達成出来るフライトである

→修行僧最大の目的

 

 

・シンガポール・チャンギ空港の機能や施設は素晴らしい

→私が知る中で世界最高レベル

 

 

・1泊では全部のラウンジは回りきれない

→若干、心残りでした

 

 

・シンガポール到着後、入国や再出国をしなくてもそのまま日本へ帰れる

→フライト前はこれが一番不安でしたが、出来ます。実証してきました。

 

 

・ラウンジは実は何時間でも滞在出来る

→ラウンジによって違うかも

 

 

・食事+アルコールはすべて無料でゲットできる

→記事の通り、アルコールは有料のところも

 

 

・一晩で5食+アルコールを摂取すると腹がパンパンになる(笑)

→普段、あまり食べない人なので、正直キツかった 笑

 

 

 

SFC修行やJGC修行で人気のSINタッチ(なぜ人気なのか?はこちら)は、この通り、フライトにしろ、チャンギ空港滞在にしろ、かなり充実した時間を過ごせる上に、他にも費用がかからず、効率よくPPを稼ぐことができますので、ぜひ、SFC修行やJGC修行をされている方は、一度はSINタッチを組み込んでみてください。おすすめです。続いてくれる陸マイラーや修行僧が増えるといいな~。

 

 

 

 

 

↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿

陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは100万マイル以上保有。JGC解脱済み。JALグローバルクラブ会員、ANAブロンズ会員。SFC修行敢行中(5月に解脱が確定してます)。ヒルトンHオナーズゴールド会員。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。関心がある方は、まずはトップページの「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。最近ドットマネーギフトコードにも対応。ハピタスと同じく開設マストなポイントサイト

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ