ANA JAL マイル マイレージ ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

シンガポール・チャンギ空港のプライオリティパスが使えるおすすめラウンジの場所やサービスをまとめました。

 

シンガポール・チャンギ空港は世界屈指のハブ空港として有名です。

 

 

 

ターミナルが1~3まであり、それぞれが巨大です。隅々まで見て回るだけで相当の時間が必要です(さらにターミナル4も2016年に完成しており、2017年には運用開始予定)。

 

 

また、24時間空港としても機能的で、ほとんどのラウンジやお店が24時間営業しています。24時間開港を謳っている他の空港はたくさんありますが、ラウンジも24時間営業ということは意外と少ないです。

 

 

通常のシンガポール旅行のためにシンガポール・チャンギ空港を利用する場合だと、「24時間営業」という要素はあまり必要ないのかもしれませんが、自分で旅程を組み、チャンギ空港をトランジットとして利用する場合や、このブログを読んでいる多くの修行僧の方には、「24時間営業」は非常に大きな意味を持ちます。

» この記事の続きを読む


【ソラぶら台湾】台湾旅行記~その2~JALラウンジ龍騰貴賓室を利用してみた

 

 

 

台湾桃園国際空港で、JALラウンジとして利用されている「龍騰貴賓室」を利用してきました。

 

 

img_7822

 

 

後で知ったのですが、2016年11月23日より、私が利用した「龍騰貴賓室」は利用が不可になったようです。代わりにJALラウンジとしてChina Airlines Loungeを利用することになりました。

 

taiwanlounge2

 

 

ちなみに「龍騰貴賓室」の場所は搭乗ゲートD6の前にありましたが、China Airlines LoungeはD1~D5の方にあります。JALの発着ゲートはD6なので少し離れてしまいました。

 

taiwanlounge

 

 

さて、本題に戻って、今は入ることが出来ない幻の(?)「龍騰貴賓室」のレポートです。

 

img_7825

入口。JAL専用ではありますが、サクララウンジではないんですね・・・(汗)

 

 

img_7827

静寂な感じがやはり落ち着きます。

 

 

img_7831

まずはビールをチェック。サーバーで自分で生ビールを注ぐタイプです。

 

 

img_7830

この中の冷えたグラスを使って生ビールをどうぞ。ソフトドリンクもあります。右上にはスイーツと麺類。

 

 

img_7829

もちろん、コーヒーもあります。コーヒーメーカーの赤い照明の意味は・・・白い機械は何だったかな?チェック忘れました・・・

 

 

img_7833

食べ物のメインはこちらになるかな。普通に美味しかったです。小腹を満たすにはピッタリですね。

 

 

img_7834

あとはスープとおにぎり、サンドイッチです。

 

 

このJALラウンジ、食事は決して充実しているとは言えませんが、JALの台湾便はフライト中に昼食が出るため、あまりここでおなかいっぱいにしてしまうと、フライト中の食事を楽しめませんので、ほどほどで良いのかもしれません。

 

 

img_7835

ということで、最終的にはこんな感じに。十分食べてますね(笑)

 

 

ラウンジ内の座席の様子や雰囲気は、結構たくさんの利用客がいたので、撮影しづらかったため撮ってきていません。いつも思うのですが、VIPラウンジを利用される方々は、それなりの役職や地位の方がいらっしゃる可能性があるので、人が写るアングルは結構気を使うんですよねー。

 

 

img_7823

ラウンジを出ると目の前がD6の搭乗ゲート。なのでギリギリまでラウンジ内でゆったりと過ごすことが出来ました。これが2016年11月23日以降は、少し離れたところにあるChina Airlines Loungeに変わってしまったので、ギリギリまでくつろぐ、というわけにはいかなくなってしまいました。(それでも同じウイングですが)

 

 

ビジネスラウンジとしては、少々物足りない感じのJALラウンジでしたが、実はサファイヤ以上のステイタスをお持ちであれば同じワンワールドのキャセイパシフィック航空のラウンジを利用できる、ということを帰国後に知りました。

 

 

キャセイパシフィック航空のラウンジは、「ザ・ヌードル・バー」と称した麺類メニューが人気で、バーも本格的なバーテンダーが常駐していて色々なドリンクを堪能できる、まさにハイステイタスなラウンジです。

 

 

そのキャセイパシフィック航空のラウンジですが、ターミナル1にあって、JALはターミナル2なので、そもそも行ってみよう、といった発想自体がありませんでしたが、実は出国後でも歩いて行けるらしいです(結構時間がかかるので時間があれば)。残念!次回は利用してみたいと思います。

 

キャセイパシフィック航空ラウンジ公式ページ

 

 

以上、台湾桃園国際空港のJALラウンジレポートでした。

 

 

 

 


フィリピンニノイ・アキノ国際空港の第2ターミナルラウンジ事情

 

 

 

フィリピンのニノイ・アキノ国際空港の第2ターミナルのラウンジ事情について書いてみます。

 

 

img_7966

 

 

なぜ、第2ターミナル限定の記事なのか?

 

 

それは、第2ターミナルがあまりにもしょぼかったからです(笑)。

 

 

今回JALを利用して、フィリピンへ渡航しました。が、まず到着時に第2ターミナルの洗礼を受けることに。

 

 

現地で知人と合流の予定だったので、「第2ターミナルのアライバルゲート出たところに迎えに来てね」と、カンタンに口頭で打ち合わせてフライト。

 

 

4時間程のフライトで無事にフィリピンの空の玄関であるニノイ・アキノ国際空港の第2ターミナルへ到着。荷物を取って、アライバルゲートを出て、建物を出たところの道路で友人を待ちました。

 

 

しかし、待てど暮らせど友人は来ない。なんだかおかしいぞ?と思いだし、その辺りにいたヒマそうなスタッフに話を聞いてみると、ウェイティングエリアはここではなく、さらに先に行って、1F 分降りたところにあるそう><

 

 

普通、空港を出たところに道路があれば、そこでタクシーを拾ったり、ピックアップしたりするウェイティングエリアになってるでしょ!という、結果的には私の単なる思い込みと言われたらそれまでですが、結局、相当の時間ロスをすることになってしまいました。。。

 

 

・・・と、出鼻をくじかれたフィリピンのニノイ・アキノ国際空港第2ターミナルですが、今回の記事の本題は到着時ではなく、帰国時のラウンジの話です。

 

 

前置きが長くなりましたが、、、

 

 

私は飛行機と空港ラウンジをこよなく愛しておりますので、今回も空港ラウンジを存分に楽しみたいと、帰国当日も意気揚々とニノイ・アキノ国際空港へ向かいました。

プライオリティパスでラウンジを利用した記事はこちら

 

 

まぁ、事前に下調べすれば、分かることだったのですが、何の事前情報もなく、「今回はJALだから、ターミナルのラウンジも充実しているだろう」という何の根拠もない自信を持って空港へ向かったのが大間違いでした。

 

 

結論を申し上げると、JALが利用している第2ターミナルはやはりイケてないターミナルでした。

 

 

発着するエアラインも少なく、当然利用客も少ないです。もちろん、フラッグキャリアのフィリピン航空は第1ターミナル。何でこんなところを日本のフラッグキャリアのJALが利用してるの?と疑問を抱かずにはいられない雰囲気でした。

 

 

img_7985

 

フィリピンのニノイ・アキノ国際空港第2ターミナルのウイング通路。この先にはJALとタイ航空しか発着していない(おそらく。時間にもよるかもしれませんが)。

 

 

もちろん、エアラインのラウンジはあるにはあるのですが、私を含めたプライオリティパスを活用している方々にとっては残念なターミナルです。というのも、フィリピンニノイ・アキノ国際空港には、第1~3ターミナルまであるのですが、その中で第2ターミナルだけ、プライオリティパスの使えるラウンジがないのです。なんで???

 

 

「せっかく早く来たのにやばい!このままでは3時間以上も搭乗ゲート前のシートで過ごさないといけない。それよりなにより、ラウンジで食べようと思っていたランチにもありつけないゾ・・・」と、途方に暮れてしまいましたが、とりあえず、時間を過ごすために最適な場所を探すのに、その辺りをウロウロしてみました。

 

 

こんな宿なしバックパッカー的な経験は久しぶりだな~と、想いながら歩いていると、とある女性スタッフが声をかけてきました。「ラウンジご利用いかがですか~♪」的な(もちろん英語ですけど)。

 

 

話を聞いてみると、P750(1700円くらい)で、食事、つまみ、アルコール、マッサージが出来るとのこと。「おお~、これは救世主か?!」と、中の様子を確認もせず、飲み屋街で客引きに引っかかったようにフラフラと女性スタッフに付いて行くことにしました。

 

 

2Fへ上がり、さらに奥深く進んでいき、男性ならよくわかるであろう期待と不安が入り混じる中、女性スタッフに付いて行くと、ありました!ラウンジが。

 

img_7982

なんだか、まさしくキャバクラに連れ込まれるような雰囲気の入口。名前も「クラブ マニラ」(爆)。ですが、ちゃんとしたラウンジなのでご安心を(笑)。

 

 

 

img_7975

ラウンジ中央に食事やドリンクが配置されています。

 

 

img_7980

料理は、パスタ、ライス、炒め物、スープ、デザート、カップヌードル、チップス等、種類は多くありませんが、一通りありました。

 

 

 

img_7973

キャバクラ客引きおねえさんとの話で一番確認したのはアルコールが無料か?ということ。有料ラウンジだけど、海外では一瞬たりとも油断できませんから。

 

 

img_7972

赤ワイン、白ワイン、その他もありました。

 

 

img_7978

そもそも第2ターミナルは発着便数が少ないからか、結構空いていました。静かだし快適。

 

 

img_7984

おねえさんに声をかけられた場所。この左手の階段を上がっていきます。両ウイングの中央にあるのですがちょっとわかりにくい雰囲気。スターバックスが目印。

 

 

img_7983

階段を上がるとこの「Hari-raya」という、一瞬ラウンジはここ?と思わせる店がありますが、ここではなく右手に折れて、さらに奥にあります。

 

 

img_7976

店内側から写した受付。右手のおねえさんは接客のおねえさんではありません(しつこい。笑)。ちなみにラウンジ内にはフライト情報がない(放送は入ります)からか、受付の女性がフライト前に声をかけてくれます(事前にお願いした方がいいと思います)。

 

 

フィリピンのニノイ・アキノ国際空港第2ターミナルは、到着時からダメ出しを出し続けた空港でしたが、有料ではあったものの、最終的には、静かでパスタも美味しかった快適なラウンジで過ごすことが出来て、気分よくフィリピンを後にしました。この気分を買うと思えば、食事、アルコール付きだし、1700円くらいだと安いです。

 

 

フィリピンにJALで行かれた方は、ぜひ活用してみてください。

 

 

ちなみに今回利用出来なかったプライオリティパスで利用できるラウンジは以下の通りです。

 

第1ターミナル

Pagstop Lounge 6:00~0:00

Miascor Lounge 24時間

 

第3ターミナル

Pacific Club Lounge 4:00~22:00

Sky View Lounge 24時間

 

年間399ドル(約42,000円)のプライオリティパスを10,800円で持つには?

 

 

 

 

 

 


陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めてます。JGC解脱済み。JALグローバル会員、ヒルトンHオナーズゴールド会員。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。関心がある方は、まずはトップページの「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

ハピタスでは期間限定のポイントプレゼント中。
無料登録⇒広告を1度利用(無料案件でOK)⇒ポイントをどこかへ1度交換するだけで1000pt(1000円分)がもらえます。2017年3月31日まで。


まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ