ANA JAL マイル マイレージ ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

羽田空港JALサクララウンジ体験記。そこは壮大なスケールのラウンジだった!

 

 

2016年にJGC修行を解脱し、無事JALグローバルクラブ、いわゆるJGC会員になれたわけですが、解脱したのが12月。その翌月1月から今度はANAのSFC修行に入っていて、すべてのフライトをANAに寄せているため、この4月までJALに一度も乗っていませんでしたが、3月末に結構まとまったJALマイルが期限を迎えることに。そのまま消滅させてしまうのはあまりにももったいない!ということで、この度、やむなく(?)JAL便に搭乗することになりました。

 

 

 

SFC修行中なので、「同じフライトならANA便に乗りたいよな~。特典航空券だとフライトポイント貯まらないしな~。やっぱりANA便予約しようかな~」という葛藤に悩まされながら、何とかJALの特典航空券を発券しました。

 

 

 

こうして、予約したマイル消化のためのJALフライトですが、このフライト予約で楽しみが唯一ありました。それは、「JALグローバルクラブカウンターでの手続き」「サクララウンジ利用」でした。

 

 

 

現在、JALグローバルクラブ会員かつサファイア会員である私は、JALグローバルカウンターサクララウンジを利用できます。これらは多くの平会員や修行僧の憧れでもあるサービスです。私もずっと憧れてきました。その2つを実際に利用してきましたのでレポートしてみます。

 

 

 

高級感がハンパないJALグローバルクラブカウンターと専用エントランス

 

 

今回は、羽田ー伊丹間をJAL便で利用しました。JALグローバル会員向けにJALグローバルカウンターが主要な空港には設置されていますが、やはり日本の国内線最大のハブ空港羽田、かつ日本のフラッグキャリアJALのJALグローバルカウンターの豪華さはハンパないです。

 

 

当時は週末でしたので、他のカウンターは激混みでしたが、JALグローバルカウンターはガラガラでした。ブラックとゴールドのカラーリングがステイタス感を高揚させます。

 

 

JALはJALグローバルカウンター前等に置いてあるこの絨毯が豪華ですよね。「平会員は踏み入れるべからず」的な。これはANAのプレミアムカウンターにはないので、ぜひ見習ってほしいところ。

 

 

 

無事に荷物を預け、搭乗手続きを済ませると、次は保安検査場となりますが、そこはJALグローバルクラブですから、専用の入口があって、その中に専用の保安検査場があります。

 

 

 

これがその専用入口。ある種異様な高級感を漂わせています。

 

 

入口横にある案内板。「平会員は入ってはいけませんよ」って書いて、、、書いてない(笑)

 

 

 

この入口を入ると専用保安検査場があるのですが、そこはさすがに写真を取りにくい・・・専用保安検査場はいつも空いているので、空港が混む週末や盆正月などの時期は大変助かります。ただ、それは良いのですが、専用保安検査場を抜けると、一般の人も利用する制限エリアに一旦放り出されるんですよね。これがせっかく高まった高揚感が興ざめするので少々残念。

 

 

 

羽田のJALサクララウンジの場所

 

 

しかし、そんなことに残念がっている場合ではありません。専用保安検査場を抜けたら、次は楽しみにしていたサクララウンジです。早速、場所を探します。

 

 

 

ちなみに羽田空港のJALサクララウンジは、北ウイングと南ウイングの2ヶ所にあります。

 

 

 

どちらのラウンジに行ってもいいのですが、JALが利用する第1ターミナルでは、

 

 

 

北ウイング・・・北海道、東北、北陸、東海、近畿

 

 

南ウイング・・・中国、四国、九州、沖縄

 

 

 

と、行き先によって、北と南のウイングが分けられています。今回私は伊丹までの発券をしていますので、北ウイングからの出発となるため、今回は北ウイングにあるサクララウンジに入ってみました。

 

 

 

羽田JALサクララウンジは壮大なスケールのラウンジだった

 

 

羽田のJALサクララウンジは、想像をはるかに超えるラウンジのスケールでした。順を追って見て行きます。

 

 

まずはサクララウンジの入口。この時点では普通の(?)ワクワク感でした。

 

 

しかし、一旦足を踏み入れた時・・・

 

どーーーーーん!なんじゃこりゃーーー?!未知との遭遇(?古い)宇宙へ連れて行かれる???

 

 

このエスカレーターには圧倒されましたね。高級ホテル顔負けの仕様です。入口を入っていきなりこれですから、「高揚感どこまで高めるねん!」と独り言を言いながら、出発ロビーがある2Fからサクララウンジがある3Fへ。

 

 

エスカレーターを上がりきってから受付まで、と、遠い・・・でも異様に無駄なスペースがゆとりを感じさせますね。

 

 

受付を済ませた後、このような通路を通っていきます。ワクワク。あのコーナーを曲がると・・・

 

 

まだ、通路でした(笑)こんどこそラウンジへ・・・

 

 

どどーーーーーん!デ、デカイ!!!向こうの端が見えん!(入口とは反対から撮影しています)「なんじゃ?このサイズは?」というのが正直な感想でしたね。日本はもとより海外でもこんなサイズのラウンジ、見たことないです。

 

 

まずは定番のビールですね。キリン「一番搾り」サッポロ「黒ラベル」アサヒ「スーパードライ」と各社ケンカをしないように取り揃えてありました。さすがフラッグキャリア。

 

 

ソフトドリンク系は普通においてあります。

 

 

ウイスキー、だったかな?少しだけありました。あとはコーヒー系。「羽田なら食事も少しはあるかな?」と期待しましたが、飲食系は国内線ラウンジで統一しているのか、置いているものはあまり他空港のラウンジと変わりませんでした。

 

 

ウワサのベビー&キッズラウンジ。あとレディースラウンジもありました。

 

 

中央に鎮座するカウンター。向かいとの距離も十分で対面に座っても気になりません。

 

 

ライブラリーエリア。正直他と何が違うのかちょっとわかりませんでした。。。

 

 

エクスプレスコーナー。やっぱり私は飛行機を見ながら派ですね。でもラウンジが広すぎて席が選び放題なため、こんな特等席がガラガラ(汗)

 

 

エクスプレスコーナーの窓際の背中側。あえてここに座る人はいるのか?というポジション。

 

 

ちなみに羽田のサクララウンジは広すぎるので、2ヶ所に飲食コーナーが設置されています。写真で言うと右側のコーナーが入口から入ってすぐのところにあり、結構混んでいます。なので左側のところを利用されると空いていて良いと思います。

 

 

窓際の次に人気なのがこのプライベート&リラックスエリアではないでしょうか(完全な主観ですが)。完全に閉ざされ視界を遮ったレイアウトが落ち着くスペースになっています。一見、高さはないのですが、通路やとなりのブースとの間に幅があるので、高さの圧迫感がないのにうまく中が見えないデザインになっています。ちなみに基本計画&総合デザイン監修 はNAP建築設計事務所中村拓志氏。

 

 

あと、プライベート感たっぷりのスペースとしては一番奥のエリアにあったコチラ。この場所結構見つけにくいです。間接照明かつ仕切りがあって、足も延ばしてゆったり出来ます。これだけ落ち着いてしまったら、搭乗時間を忘れてしまうんじゃないかな~。

 

 

マッサージチェアもあります。ほぼ密室(笑)

 

 

そして、ウワサのラウンジから搭乗ゲートへ直結している専用エスカレーター。これまたセレブ感たっぷりですね。サクララウンジの内部を見ることにも興味がありましたが、個人的には「このエスカレーターを使って搭乗したみたい!」ということに最も関心が高かったです。この場にこれまで多くの陸マイラーが立っていた、そして今後も立つんだろうな~と思うと、感慨深いですね。

 

 

そして搭乗ゲートへ。ちなみにこのサクララウンジ専用エスカレーター、ラウンジの一番奥にあるため、知らない人も多いのか、入口へ戻って搭乗する人も多いです。なお、このエスカレーターを降りて出たところは15番搭乗口付近になります。私が利用した時もたまたま15番からの搭乗だったので、出口を出て1秒で搭乗口だったのでビックリしました。

 

 

いや~、羽田空港のJALサクララウンジ。堪能させていただきました。これぞ「ザ・ラウンジ」ですね。ただ、JALはさらに上級会員向けにダイヤモンド・プレミアラウンジも運営しています。こちらもぜひ体験してみたいと思いました。JALの会員ステイタス制度に完全にハマっています。やめられませんね。

 

 

大量のシートが用意されている羽田のJALサクララウンジ。結局、この席のこの景色が一番落ち着きます。

 

 

 


シンガポール・チャンギ空港のプライオリティパスが使えるおすすめラウンジの場所やサービスをまとめました。

 

シンガポール・チャンギ空港は世界屈指のハブ空港として有名です。

 

 

 

ターミナルが1~3まであり、それぞれが巨大です。隅々まで見て回るだけで相当の時間が必要です(さらにターミナル4も2016年に完成しており、2017年には運用開始予定)。

 

 

また、24時間空港としても機能的で、ほとんどのラウンジやお店が24時間営業しています。24時間開港を謳っている他の空港はたくさんありますが、ラウンジも24時間営業ということは意外と少ないです。

 

 

通常のシンガポール旅行のためにシンガポール・チャンギ空港を利用する場合だと、「24時間営業」という要素はあまり必要ないのかもしれませんが、自分で旅程を組み、チャンギ空港をトランジットとして利用する場合や、このブログを読んでいる多くの修行僧の方には、「24時間営業」は非常に大きな意味を持ちます。

» この記事の続きを読む


【ソラぶら台湾】台湾旅行記~その2~JALラウンジ龍騰貴賓室を利用してみた

 

 

 

台湾桃園国際空港で、JALラウンジとして利用されている「龍騰貴賓室」を利用してきました。

 

 

img_7822

 

 

後で知ったのですが、2016年11月23日より、私が利用した「龍騰貴賓室」は利用が不可になったようです。代わりにJALラウンジとしてChina Airlines Loungeを利用することになりました。

 

taiwanlounge2

 

 

ちなみに「龍騰貴賓室」の場所は搭乗ゲートD6の前にありましたが、China Airlines LoungeはD1~D5の方にあります。JALの発着ゲートはD6なので少し離れてしまいました。

 

taiwanlounge

 

 

さて、本題に戻って、今は入ることが出来ない幻の(?)「龍騰貴賓室」のレポートです。

 

img_7825

入口。JAL専用ではありますが、サクララウンジではないんですね・・・(汗)

 

 

img_7827

静寂な感じがやはり落ち着きます。

 

 

img_7831

まずはビールをチェック。サーバーで自分で生ビールを注ぐタイプです。

 

 

img_7830

この中の冷えたグラスを使って生ビールをどうぞ。ソフトドリンクもあります。右上にはスイーツと麺類。

 

 

img_7829

もちろん、コーヒーもあります。コーヒーメーカーの赤い照明の意味は・・・白い機械は何だったかな?チェック忘れました・・・

 

 

img_7833

食べ物のメインはこちらになるかな。普通に美味しかったです。小腹を満たすにはピッタリですね。

 

 

img_7834

あとはスープとおにぎり、サンドイッチです。

 

 

このJALラウンジ、食事は決して充実しているとは言えませんが、JALの台湾便はフライト中に昼食が出るため、あまりここでおなかいっぱいにしてしまうと、フライト中の食事を楽しめませんので、ほどほどで良いのかもしれません。

 

 

img_7835

ということで、最終的にはこんな感じに。十分食べてますね(笑)

 

 

ラウンジ内の座席の様子や雰囲気は、結構たくさんの利用客がいたので、撮影しづらかったため撮ってきていません。いつも思うのですが、VIPラウンジを利用される方々は、それなりの役職や地位の方がいらっしゃる可能性があるので、人が写るアングルは結構気を使うんですよねー。

 

 

img_7823

ラウンジを出ると目の前がD6の搭乗ゲート。なのでギリギリまでラウンジ内でゆったりと過ごすことが出来ました。これが2016年11月23日以降は、少し離れたところにあるChina Airlines Loungeに変わってしまったので、ギリギリまでくつろぐ、というわけにはいかなくなってしまいました。(それでも同じウイングですが)

 

 

ビジネスラウンジとしては、少々物足りない感じのJALラウンジでしたが、実はサファイヤ以上のステイタスをお持ちであれば同じワンワールドのキャセイパシフィック航空のラウンジを利用できる、ということを帰国後に知りました。

 

 

キャセイパシフィック航空のラウンジは、「ザ・ヌードル・バー」と称した麺類メニューが人気で、バーも本格的なバーテンダーが常駐していて色々なドリンクを堪能できる、まさにハイステイタスなラウンジです。

 

 

そのキャセイパシフィック航空のラウンジですが、ターミナル1にあって、JALはターミナル2なので、そもそも行ってみよう、といった発想自体がありませんでしたが、実は出国後でも歩いて行けるらしいです(結構時間がかかるので時間があれば)。残念!次回は利用してみたいと思います。

 

キャセイパシフィック航空ラウンジ公式ページ

 

 

以上、台湾桃園国際空港のJALラウンジレポートでした。

 

 

 

 


陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは100万マイル以上保有。JGC解脱済み。JALグローバルクラブ会員、ANAブロンズ会員。SFC修行敢行中(5月に解脱が確定してます)。ヒルトンHオナーズゴールド会員。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。関心がある方は、まずはトップページの「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。最近ドットマネーギフトコードにも対応。ハピタスと同じく開設マストなポイントサイト

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ