ANA JAL マイレージ マイル ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

羽田空港第1ターミナルと第2ターミナル間を歩いて移動!両ターミナルは秘密の通路でつながっていた!

 

 

 

今回はもしかすると死蔵ネタになるかもしれませんが、個人的には意外でプチ感動的な発見だったので記事にしてみます。

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、羽田空港第1ターミナルがJALグループ、第2ターミナルがANAグループと明確に分かれています。よって通常は搭乗する航空会社に合わせてターミナルへ向かうので、両ターミナル間の移動はしないはずです。

 

 

 

ただ、国際空港などでは乗り継ぎのために頻繁にターミナル間移動をしますので、羽田空港ではどうやったら移動できるのかな?と漠然と疑問に思っていました。が、実際に移動する機会がなかったので調べたこともなかったのです。

 

 

 

そんな折、先日知人と羽田空港へ行った際、私はANA、知人はJALを利用する予定でした。そして知人のフライト時間の方が早かったので、第1ターミナルで時間を過ごすことになりました。

 

 

 

まず、第2ターミナルでチェックインだけ済ませておき、その後第1ターミナルに移動することになったので、移動手段を考えないといけません。そこで調べた結果、なんと歩いて移動できることが分かりましたのでレポートします。

 

 

 

 

羽田空港の連絡通路はさながらSF空間のようだった

 

まず、第2ターミナルからスタート。入口が意外なところにありました。B1のAirローソンの奥にひっそりとあります。よくこのローソンを利用しているのですが、全然気づきませんでした。

 

 

入口に近づくと・・・お気づきの方もいらっしゃると思いますが、京急の改札へ向かうエスカレーターの隣です。

 

 

京急の改札まで降りたところ。一貫して京急へ向かう導線と並行しているのですが、連絡通路には人が向かう気配がないので、これまでここが連絡通路だと全く気付きませんでした。

 

 

連絡通路にいざ、進入すると・・・誰もいない(笑)連絡通路ということを知らないと、「どこにつながってるんだ?」と不安になる雰囲気。

 

 

あまりにも距離がある(約400メートル)ので動く歩道がありますが、誰も乗っていないのに豪華な設備があって、それはまたそれで不気味。恐る恐る進みます。SFの世界に迷い込んだような錯覚に。

 

 

端まで歩くこと約5分(?)第1ターミナルに到着。人の気配が戻ってきてホッとした(笑)

 

 

エスカレーターを登ると・・・

 

 

人影も増えてきて・・・

 

 

第1ターミナルに着いた!お~何だか感動。

 

 

 

羽田空港の連絡通路を地図で見ると以下の図のような感じになっています。よく見ると、京急のホームと平行して連絡通路が設置されているんですね。したがって京急のホームと同じだけの距離が必要なわけです。

 

 

 

 

 

実際にターミナル間移動する時って?

 

 

私もこれまで羽田空港のターミナル間移動なんて必要性がなかったのでしたことがありませんでした。しかし、よくよく考えてみるといろいろなケースで必要になりますよね。

 

 

・第1ターミナルにある東京ラーメン空でラーメンを食べたい

 

・第2ターミナルのANAFestaで買い物をしたい

 

・第2ターミナルを利用するが第1にあるファーストキャビンに宿泊する

 

・ターミナル間を移動する国内線乗り継ぎがある

 

・第1ターミナルを利用するが第2ターミナルの展望デッキで飛行機を見たい

 

・京急の駅で前後逆に進んでしまい第1ターミナルと第2ターミナルを間違えた

 

・モノレールで第1ターミナルを乗り過ごし、第2ターミナルまで行ってしまった。

 

 

などなど。

 

 

 

実はターミナル間は無料バスが出ていて移動が可能ですが、バスって待ち時間があったりして、何だかんだ結構時間がかかるので面倒くさいと思ってしまうんですよね。

 

 

 

 

しかし、今回徒歩で移動できる連絡通路を発見したことで、気軽にターミナル移動が出来ることになりました。これは便利です。

 

 

 

私が最もターミナル移動をしたい理由とは?

 

私が、最もターミナル間移動をしたい理由は、「展望デッキ」利用ですね。第1ターミナルの展望デッキは狭くてレイアウト的に飛行機を正面から見れるスペースが限られるのです。一方、第2ターミナルは広くて開放的。座る席などもたくさんあるので、特に天気が良い日は利用価値大。展望デッキに出る前のスペースでもソファーがあったり、寒い日は室内からも飛行機が見れたりするので、展望デッキの充実度は第1ターミナルとは全然レベルが違います。

 

 

左右ほぼ180度見渡せます。もちろん滑走路から飛び立つ飛行機の雄姿もバッチリ。

 

 

スターウォーズ仕様も目の前で。

 

 

こんなテラスがあります。この反対側のウイングにもたくさんありますので、天気の良い日はここで過ごすことが多いです。

 

 

 

知っている人は知っているし、そもそも利用する機会も少ない羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルを繋ぐ連絡通路ですが、何と言っていいのかわかりませんが、トンネルを抜けると○○だった、みたいな妙な感動があります。羽田空港で時間のある方は一度、利用してみてください。

 

 

 

 

 


成田空港でホテルを取らず無料で宿泊するのに便利なウェイティングエリアの場所はココだ!

 

 

img_7997_1

 

 

先日、フィリピンのマニラへから日本へ帰って来た時のこと。

 

 

フィリピンへ同行する方が関西国際空港からフィリピン航空でマニラに行くということでしたが、JGC修行のためにフライトをJALに集中させていた関係で、大阪発成田経由マニラ行きのチケットを無理やり取ったことがコトの発端でした。

 

 

関西空港からマニラへはJALでの直行便設定が無く、成田経由となり、かつ前後に宿泊を伴うスケジュールにも関わらず、JALに乗りたいがために無理矢理スケジュールに押し込んでチケットを取ったのですが、

 

 

往路の関西⇒羽田(しかも成田までは陸路><)はJAL便を確保出来ましたが、復路の成田⇒関西がどうしてもJAL便ではなくジェットスター便になってしまいました(便名はJAL便)。

 

 

ジェットスターはご存知の通り、LCCの代表格。私も今のように飛行機に乗る前は、ちょくちょく利用させていただいた経験もあり、少々席は狭いけども、まぁ大阪ー東京間くらいなら我慢出来ないレベルでもないし、フライトの遅延、結構も経験したことがなかったので、予約時には何の問題視もしていませんでした。

 

 

しかし!

 

 

無事、マニラから帰ってきて、成田の近くのホテルに宿泊。次の日の朝、意気揚々と成田空港に向かいました。成田11:25発のフライトを予約していたので、LCCは混むから早めの午前9:00頃チェックインカウンターへ。ここまでは順調。

 

 

一応、フライトの予定をモニターで確認しようとふと目を向けた瞬間、自分の目を疑いました。

 

 

「遅延」

 

「振替のフライトは13:20になります」

 

 

の文字。

 

 

「ええええええ~?!遅延?しかも今まだ9:00過ぎなんですけど?!」

 

 

そうです、そのまま私は13:20まで、延々約4時間待たされることに・・・

 

 

その時すでにJALのクリスタル会員になっていた私は、「くそ~、クリスタル会員の専用ダイヤルに電話して何とかしてもらうぞ」と頭に描きながら、ジェットスターのカウンターへ文句を言いに行きました(でもさすがLCC、ここでも並ぶことに)。

 

 

そうすると、ジェットスターのカウンターの兄ちゃんも慣れたもので、「本便はジェットスター管轄になるので、JALさんに連絡してもどうしようもありませんので」と先に釘を差してきた><。

 

 

不幸中の幸いか、当日は日曜日でその後予定もなかったので、これ以上文句を言っても大人げないし、欠航にならなくてよかったと自分を納得させ、ここは腹を決めて、代替えフライトまで待つことに。

 

 

で、どこで待とうか?と考えた時に、ジェットスターは第3ターミナルでラウンジもないし、混雑してるし、、、で仕方なく第2ターミナルへ出戻り。

 

 

そして、第2ターミナルで、まずこれから4時間滞在するための選択肢として考えたのが、以下の4つ。

 

 

1)JALサクララウンジ

 

2)カードラウンジ

 

3)どこかの店

 

4)そこらのベンチ

 

 

1)は制限エリア内にあるし、JALはジェットスター乗り継ぎではラウンジ使わせない!とのこと(下図参照)だし、そもそも同日中の乗り継ぎじゃないし、で完全にアウト(泣)。

 

jetstarnarita

 

 

2)成田のカードラウンジは制限エリア外にあるので、これは選択肢としてあったけど、4時間も座ってられるか?あまり広くないし、4時間も居たら目立つよな?と自問自答し却下。

 

 

3)これも2)より長時間滞在はさらに厳しい・・・

 

 

4)ベンチはうまくいくと横に慣れるかも?と考えたけれど、夜中でもないので何となく寝ころびづらい。

 

 

ということで、途方に暮れておりました。

 

 

とその時、ネットを調べていたら、第2ターミナルにLCC早朝便のために「ウェイティングエリア」というものがあるではないですか!こんなの昔なかったぞ?!

 

 

最近出来たという「ウェイティングエリア」はその名の通り、きっと快適な待ちスペースに違いない!と勝手に想像し、行ってみることにしました。

 

 

naritawaitingarea

(出所:http://www.narita-airport.jp/jp/guide/map/?terminal=2&map=9)

 

まずは場所。上記の図は成田第2ターミナル1Fです。1Fは国際線到着ロビーになっていますが、このフロアの北側(図で言うと左)に北ウェイティングエリアが設置されています。もともとLCCのチェックインカウンターや搭乗ゲートに使っていた場所で、LCCが第3ターミナルに移動したことにより空きスペースを利用した形です。

 

 

 

img_8010_1

北ウェイティングエリア入口。

 

 

ちなみに「北」というからには「南」もあるのか?と調べたところ、ありました。今回行きませんでしたが、同じ第2ターミナルにあるようです。

 

southwaitingarea

(出所:http://www.narita-airport.jp/jp/fun/event/japan/t2_3/)

 

ただし、北ウェイティングエリアに比べて狭いようですので、話を北ウェイティングエリアに戻します。

 

 

 

img_8009_1

入口にはハッキリ「北ウェイティングエリア」と書いてありましたが、あとは殺風景な通路が続きます。写真はこれ一枚ですが、3回くらい曲がって進みますので、「ホントにあるの?」と疑わずにはいられないくらい離れています。

 

 

 

img_8008_1

やっと入口に到着。なんだか想像以上にキレイなスペースです。人もいない。

 

 

 

img_8006_1

全体の雰囲気はこんな感じ。結構広いです。私が利用したのは昼間だからか、ガラガラでした。

 

 

 

img_8004_1

自動販売機や雑誌も結構あります。

 

 

 

img_8003_1

トイレもキレイ。

 

 

 

img_8007_1

Wifiも完備。写真を撮り忘れましたがコンセントもありました。が、あまり数が多くないので、混雑したら争奪戦になるかも。

 

 

 

img_8001_1

この北ウェイティングエリアの真骨頂はこの畳エリア!

やっぱりソファーで横になるのと、畳で横になるのとでは大違い!結局、私はここで時間を過ごさせていただきました。

 

 

 

かなり以前、コスト重視であえてジェットスターやピーチなどのLCCを利用していたこともあり、早朝便に乗るため成田で一夜を明かしたこともあるのですが(もちろん最近はもうやらない 笑)、当時の成田は国際空港と言えど24時間ではなく(今もだけど)、夜は行動エリアも制限され、宿泊客は一部の場所に集められ(身分証明も提示させられた記憶がある・・・)、かなり肩身の狭い思いをしたことがあります。

 

 

それに比べて、この北ウェイティングエリアはかなり人間扱いされている感じがありました(笑)。思った以上に快適でした。ただ、早朝便に搭乗する人が集まる深夜はもっと混んでいるかもしれませんので、利用される場合は早めに陣取った方が良いかも(特に畳エリア)。

 

 

とはいえ、LCC専用の第3ターミナルは、深夜に結構にぎわうようですが、こちらはLCCのターミナルではない第2ターミナルにあるので、それが幸いしてか、意外と空いているという話も。

 

 

ただし、実際の利用時は、第2⇒第3ターミナルまで10分~15分(徒歩かバス)かかるので、フライトギリギリまでは滞在出来ないのでこの点についても注意してください。

 

 

ちなみに第2ターミナルB1には24時間のセブンイレブンもあるので併せて利用すれば便利です。(以前は24時間の店もなかったなぁ)

 

 

最近はマイルを自動的に貯められるようになったので、ANA、JALを利用するようになっているため、出来るだけLCCは利用しないようにするつもりですが、何だか以前によく空港で一夜を過ごしたなぁと思うと懐かしい気分になりました。

 

 

このブログを読んでいる人は、飛行機に乗らなくても年間216,000ANAマイルを貯めることが出来るはずですので、あまりLCCを利用されることはないかと思いますが、今回の私のように何かの折に成田で一泊、となった時の知恵として覚えておいていただければ幸いです。

 

 

もう、LCCなんて乗りたくない!

 

格安では物足りない、無料で飛行機に乗りたい!

 

 

という方は、ぜひこのブログのいろんな記事を読んでみてください。

だれでも簡単にANAのマイルを年間216,000マイル貯めることが出来ますよ。

 

⇒今すぐANAマイルを貯めるノウハウを知りたい方はこちら

 

 

 

 


年賀状をクレジットカードで購入し、さらに割引も受けてしまう誰も知らない裏技とは?

img_8034

 

 

今年(2016年)もいよいよあと1ヶ月となりました。そろそろ年賀状の準備が本格化する時期ですね。

 

 

今回の記事は、マイル獲得にはあまり大きく貢献しませんが、陸マイラーとして、「マイルを獲得できるものはすべて刈り取る!」「ポイントを徹底活用する!」というマインドを持ってもらうために書いてみます。

 

 

さて、あなたは年賀状をどのように手に入れていますか?

 

 

1.郵便局窓口で買う

 

2.郵便年賀.jpで買う

 

3.コンビニで買う

 

4.街の商店(タバコ屋、酒屋など)で買う

 

5.切手SHOPで買う

 

 

といったところでしょうか。

 

 

年に1回のことですし、年賀状=郵便局というイメージから、何となく1.郵便局窓口で買う、という行動に出てしまいがちです。私もずっとそうでした。でも、郵便窓口で買うと「現金支払い」なんですよね。

 

 

その他、2.3.4.も「現金払い」です。ただし、3.コンビニで買う、はセブンイレブンだとnanacoが使えるので、ポイントを稼ぐことが出来ます。

 

 

しかし、陸マイラーとして独り立ち(?)した昨年度からは、「何とかクレジットカードで決済出来ないか?」と調べてみました。

 

 

すると、最後の5.郵便局が運営している「切手SHOP」だと、クレジットカードが使えるのです。ですから、この「切手SHOP」で購入すれば、クレジットカード決済によるマイル獲得が可能です。

 

 

しかし、「切手SHOP」にも今一つ物足りない点があります。

 

 

それは、「5,000円未満は送料がかかる」ということと「定価販売」だということ。

 

 

この点をクリアしたいと、いろいろ調べていたら、ありました!年賀状をクレジットカードで決済出来て、値引き販売しているところが!

 

 

それはエプソンダイレクトショップ

 

epsondirect

 

 

このサイトでは、年賀状を30枚と100枚のセット販売を行っています。残念ながらこのセット販売自体は定価販売なのですが、年賀状を購入すると5%のポイント還元があり、実質5%引きで年賀状が購入できます。

 

epsondirect2

 

 

さらに今なら(2016年11月30日まで)、キャンペーンへの登録で500ポイントがもらえます。このポイントは12月25日まで使えるので、今年の年賀状購入にも利用出来ます。

 

epsondirect3

 

 

さらにさらに、来年の話になりますが、エプソンダイレクトの会員になっておくと、1年の間に都度、キャンペーンポイントが付与されます。期間限定のポイントですので、全部を貯めておいて年賀状に使う、というわけにはいきませんが、今年で言うと、11月18日に「年末プリント応援ポイント」というポイントが300ポイント付与されていて、今年の年賀状購入に利用出来ます。

 

epsondirect4

 

 

最終的に今年、100枚の年賀状を買うとすると、5,200円-500P(※1)-300P(※2)-260P(※3)-235P(※4)=3,905円(送料は4,500円以上で無料)で、購入出来ることになり、実質24.9%割引で年賀状が購入出来て、しかもクレジットカード決済でマイルも貯まる、ということになります。(昨年の還元ポイント(※4)を考慮しなくても20.3%割引)

 

(※1)2017キャンペーン

(※2)年末プリント応援ポイント

(※3)今年の還元ポイント

(※4)昨年の年賀状購入時の還元ポイント

 

 

やはり、ポイント戦略を中心とし、マイルを貯めている陸マイラーならば、このくらいまで徹底してポイント活用を検討してほしいところです。

 

 

結局、マイルが貯まるのは、クレジットカードの決済分のみですが、「何かを購入する時に、今までの常識を疑い、マイルやポイントを獲得出来ないか?」という発想を持つことが大切ですよ、ということです。

 

 

陸マイラー活動のモチベーションアップになれば幸いです。

 

 

 


陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは100万マイル以上保有。JALグローバルクラブ(JGC)会員、ANAプラチナ会員(事前サービス中)。SFCカード申請待ち。ヒルトンHオナーズゴールド会員。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたの人生が大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。最近ドットマネーギフトコードにも対応。ハピタスと同じく開設マストなポイントサイト

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ