ANA JAL マイレージ マイル ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

最近の投稿

プライオリティパス発行時の注意点~最高の空港ラウンジパスポート

lounge

 

 

 

今回の記事は、マイル獲得と関係ありませんが、ちょっとお伝えしておいた方が良いと思ったので、記事にしてみました。

 

 

 

空マイラー、陸マイラーに限らず、飛行機の旅が好きな方は、その楽しみの一つとして、「空港ラウンジの利用」があるのではないでしょうか。

 

 

 

搭乗口付近の待合の喧騒を離れ、ゆったりとソファーでくつろぎ、無料でドリンクや軽食をいただける。そんな空港ラウンジのサービスにワクワクしたことが一度はあると思います。

 

 

 

そして、このサービスを常時受けられるようになる各航空会社のステイタス会員に憧れる方も多いと思います。その証拠に、ANAならSFC、JALならJGCといったラウンジサービスを利用できるステイタス会員資格を獲得するために、SFC修行や、JGC修行と言われる苦行に近いレベルで、飛行機に乗り続ける人がいるくらいです。

 

 

 

このように飛行機に乗る人を魅了するラウンジ。一体どのようなシステムになっているのでしょうか?

 

 

 

実は一口に「空港ラウンジ」といってもいろいろあって、ゴールドカードやプラチナカードで入れるラウンジや、航空会社が運営していて、各航空会社のステイタス会員資格を持っていたり、ビジネスクラス・ファーストクラスなどの利用者のみが入れるラウンジなどがあり、利用者のステイタスによって入れるラウンジが異なります

 

 

 

そんな中、1枚持っていれば、各航空会社のステイタス会員資格を持っていなくても、世界120ヵ国400都市の700ヵ所以上ものラウンジに入れてしまうという魔法のカードがあります。それが「プライオリティパス(Priority Pass)」です。

 

 

 

ちなみにプライオリティパスの会員でも、3ランク設定があって、

上位から

 

 

・プレステージ会員(399ドル)

⇒すべてのラウンジを何度でも無料で利用可能

 

 

・スタンダードプラス会員(249ドル)

⇒10回分の利用が無料。10回目以降は27ドル/回が必要

 

 

・スタンダード会員(99ドル)

⇒利用するごとに27ドル必要

 

 

に、分かれているのですが、プレステージ会員になると、

プライオリティパスで利用可能なラウンジがすべて無料で利用が出来ます

 

 

 

このステイタスは、飛行機や空港、旅行が好きな方なら、喉から手が出るほどほしいステイタスかと思います。しかし、そのステイタスのためには、年間399ドル(120円換算で47,880円)が必要です。「ラウンジは利用したいと思うけれど、さすがにこの金額にはためらうな・・・」という人も多いはず。

 

 

 

しかし、諦めてはいけません。実はこのプライオリティパスを付帯サービスとしているクレジットカードがあります。しかしながら、プライオリティパスのサービスが付帯しても、クレジットカード自体の年会費が30,000~350,000円と高額な「プラチナ」クラスのカードに付帯していることがほとんどです。

 

 

 

そんな中にあって、すぐに発行が可能であって、年会費が20,000円以下で、プライオリティパスのプレステージ会員が無料で付帯してくる代表的なカードが3つありますので紹介しておきましょう。

 

 

 

1.MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

(年会費20,000円(税抜))

 

card2

ハピタスに登録→発行するとマイルが貯まります

 

 

2.セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

(年会費20,000円(税抜))

 

card1

ハピタスに登録→発行するとマイルが貯まります

 

 

3.楽天プレミアムカード

(年会費10,000円(税抜))

 

card3

ハピタスに登録→発行するとマイルが貯まります

 

 

 

 

この中で、もっとも年会費が安いのが、「楽天プレミアムカード」です。家族カードにはプライオリティパスを発行できない、コンシェルジュサービスが付帯しない、などの制約はありますが、プライオリティパス取得が最大の目的であれば、楽天プレミアムカードで良いと思います。ちなみにカード発行をする場合は、少しでもポイントを貯めるためにハピタスなどのポイントサイトを経由して発行するようにしてください。

 

 

 

なお、このブログのタイトルにもなっている楽天プレミアムカードで、プライオリティパスを発行する時の注意点ですが、楽天プレミアムカードを発行すると、同時に発行出来るETCカードのように自動的に発行され、カード会社から送られてくるわけではありません。具体的には楽天プレミアムカードを発行した後、プライオリティパスを別途発行依頼をかけないといけませんので、「もう飛行機に乗る予定旅行が間近なんですけど」という人は、発行が間にあわない場合もありますので、申込みはお早めに。

 

 

 

それから、すでに楽天プレミアムカード経由のプライオリティパスを持つ方への注意点ですが、発行後2年経つと、楽天カード会社から更新の案内が届きます。しかし、ここでもクレジットカードの更新の時のように、自動的に新しいカードが届くのではなく、プライオリティパスに関しては、自分で更新手続きをインターネットで行う必要があります。

 

 

 

しかも、注意したいのが、更新月の約半年前に「更新の案内」がメールで届きますが、「更新を忘れてはいけないので今すぐやっておこう」と思って、仮にその場ですぐに更新手続きをしてしまわない、ということです。更新後の有効期限は、元々設定されていた更新月(=半年後)から、また2年ではなく、更新を行った月から2年となってしまい、更新前の有効期限を半年無駄にしてしまう上に、メインのクレジットカード(この場合は楽天プレミアムカード)の更新月とズレが生じることがあります。

 

 

 

実はこれ、私の体験談なのですが、クレジットカードなら早めに更新手続きをしても、更新月がズレることにはならないので安心(油断?)していた上に、しかも何かの手続きに関しては、いつもギリギリにしか手続きしないのに、ご丁寧に今回は、半年前というかなり早い段階で、手続きをしてしまったことで、私のプライオリティパスは半年分有効期限が短くなってしまいました。(もちろん、更新月からは同じ2年間です。これ自体が短くなるということはありません)

 

 

 

今回の記事でお伝えしたかったことは、このプライオリティパスに関する発行時や更新時の注意点についてです。安く手に入るサービスなので多少の不便は仕方ありません。これらの注意点を事前に十分認識したうえで、楽天プレミアムカードを発行すれば、プライオリティのステイタスは問題なく獲得出来ますので、ぜひお持ちでない方は発行を。よく空港を利用される方は、楽天プレミアムカードは死蔵していても、プライオリティパスで年会費を上回るステイタスや利便性を得ることが出来ると思います。

 

今すぐ楽天プレミアムカードとプライオリティパスを発行したい方はこちら

 

 

 

 


↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




大量マイルを貯めるために「やってはいけないこと」と「やるべき手順」を解説します

 

 

 

soratika_extream

 

 

 

マイルを貯める方法はいくつもあります。しかし、あまりにたくさんの方法があるために、「何からやっていいのかわからない」という方が多くいます。これは、マイルを貯める場合だけではなく、ビジネスや夢を実現したい時も同じような迷いが起こります

 

 

 

実は、私も過去、ビジネスにおいて、やりたいことが多くなりすぎて、一歩も前に足を出せなくなったことがあります。そんな時、ある本に出会い、救われた経験があります。それはビジネス書のベストセラーにもなった「非常識な成功法則」です。

 

 

 

この本の内容で一番心に響いたのが、ビジネスで成功するためには、「やりたくないこと」からリストアップする、という考えでした。人は欲求の生き物ですから、つい「やりたいこと」を追い求めます。しかし、やりたくないことを明確にすれば、必然的に「やりたいこと」が浮かびあがり、この方が効率的かつ効果的である、というわけです。

 

 

 

 

この法則は、マイルを貯める時に迷った場合も、同じように考えられます。ここでは、この法則を少し応用して、私が考える「やってはいけないこと」をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

最もやってはいけないことは「カード還元率の比較」

 

 

 

この日本において、マイルを貯める方法の王道として、「ショッピングでカード決済する」という、もはや神話のような話が蔓延しています。しかし、クレジットカードの還元率、つまりクレジットカードを決済して貯まるマイルは、年会費無料のカードで0.1~0.5%、年会費を支払う程度のカードで、ようやく1%程度です。100万円をカード決済して、相場的に言うと、5000~1万マイル程度しか貯まらないのです。詳しくは以下の記事を参照してください。

 

クレジットカードではマイルは貯まらない!その現実と目からウロコのマイル獲得方法

 

 

 

 

あなたがお金持ち、もしくは法人のカードを自由に使える身で、月に100万、年に1000万以上のカード決済をするならともかく、私も含めて、それだけの金額をカード決済している人はそう多くはないでしょう。

 

 

 

にもかかわらず、「クレジットカードの還元率の比較」に血眼になって、結局、どのカードが良いかわからず、いつまで経っても大量のマイルを貯めるための本当に必要な時間を作れない人が、本当に多いです。

 

 

 

なので、この「クレジットカードの還元率の比較」は、やるべきではない、やってはいけない行為です。実際に比較をしまくった方ならわかりますが、絶対的な時間も無駄ですし、なにより精神的にも疲れてしまいます。だから、クレジットカードの決済で、獲得出来るマイルはあくまでも、補完的な方法である、と考えるようにしましょう。

 

 

 

やってしまいがちなポイントサイトのクリックポイント

 

ng11

 

 

 

ポイントサイトの方針によって異なりますが、サイトに訪問してもらうために、あるいは実際に広告をクリックしてもらうために、広告をクリックするだけでポイントが獲得出来るようになっていることがあります。また、登録時に記載したメールアドレスに、クリックポイント付きのメールが届くこともあります。しかし、このクリックポイントは、高いところで1円分のポイント、低いところだと0.05円(!)のポイントしかもらえません。

 

 

 

もちろん、クリックすることに何のリスクもありませんし、これを積み重ねていけば、ポイントは貯まります。しかし、たった0.05~1円のために毎日せっせとクリックするのは、時間も無駄ですし、非常に効率が悪いです。

 

 

 

ng2

 

 

 

また、毎日サイトに訪問してもらうため、あるいはサイトの滞在時間を長くするために、上記のようなゲームが出来るポイントサイトがあります。ゲームをすればポイントがもらえるのですが、これもクリックポイントと同じで、必要な時間の割にもらえるポイントは少ないので、これを続けていても、大きくポイントやマイルを貯めることは出来ませんので、こちらも「やってはいけない」ことの一つです。

 

 

 

では、マイルを貯めるために何をやるべきなのか?

 

 

 

まずは、マイルを貯めるためのクレジットカードをサクッと決めてしまうことです。「ショッピング決済ではマイルは貯まらない」とは言いましたが、それはあくまでも「マイルを貯めるメインの方法ではない」ということであって、日常的に必要な決済で、わずかながらでもコツコツ貯めることが出来ますし、マイルがあちらこちらのカードに貯まるということがないように、迷わず効率よく貯めるという意味で、メインのカードは決めておくべきです。

 

 

 

各カードの特徴を書いていると、とんでもなく長くなるので、この記事では結論だけお伝えすると、年会費を何万も支払える場合は別として、マイルを貯めるベストチョイスは、年会費別に以下の2種類となります。

 

 

 

1.最もベストなカード(私もこのパターンです)

 

ANA VISA ワイドゴールドカード+ソラチカカード

年会費1万円程度必要。最大還元率 1.71%

 

wide_gold_card

ANA VISA ワイドゴールドカードはハピタス経由で申し込むとマイルを獲得できます

 

 

2.スタンダードなカード

 

エクストリームカード+ソラチカカード

年会費2000円程度必要。最大還元率 1.35%

 

20151030131105

 

 

3.Tポイント用カード

 

上記のどちらかにプラスして、Tポイント用にヤフーカードがあればベストです。



 

 

 

メインのカードが決まったら、決済はすべてこのカードに切り替えて、後は日常的にカードを決済に使えばOK。その後は、カード還元率のことは忘れて、各ポイントサイトに登録します。

 

 

【マイルを貯めるのに必須のおすすめポイントサイト】

 

■ハピタス

陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

■GetMoney

モニター案件が充実。稼ぎやすいポイントサイト。おすすめ。

■ポイントタウン

各ポイントサイトの良いとこ取りをしているので、ポイント獲得の選択肢が多いポイントサイト。

■げん玉

友達紹介が充実したポイントサイト。陸マイラー中級者~向け。

■ちょびリッチ

モニター案件が充実しているのと、個別案件で高いポイントが設定されていることがある隠れポイントサイト。

すべて登録は無料です。

 

 

 

その後は、「出来るだけ還元ポイントの高い案件」から、ドンドン参加していきます。この時のコツですが、上記すべてのポイントサイトに登録しても、もちろんかまいませんが、しばらく慣れるまでは、チェックするのは、ハピタスだけで構いません。ポイントサイトにはどんな広告案件があるのか?その感覚値を養うことが目的です。

 

 

 

この感覚値がない時に、各サイトをぐるぐる回ると、何が何だかわからなくなってしまい、ポイントを貯める前に止めてしまう可能性があるからです。慣れてくれば、逆に各サイトに同じ広告案件があって、それぞれが還元ポイントが異なることがありますので、それを比較してより還元ポイントの高い方を選択出来るようにもなります

 

 

 

メインのカードも決まり、ポイントサイトにも慣れてきたら、高還元率案件からドンドン案件をこなしてください。そして、それからはポイントサイトを離れて、いかに効率よく(合わせ技で)ポイントを貯めるか?を頭を使って考えてください。例えば、例として、食事に行く時には、いかのように重複してポイントやマイルを稼ぐことが出来ます

 

 

1.モニター案件で店舗を探す

2.グルメサイトに登録

3.グルメサイトを通じて予約

4.ANAのグルメマイルを利用

5.クレジット決済

6.口コミを書く

 

gourmetmile

提携レストランのご利用で貯まるANA「グルメマイル」

 

 

 

このように考えると、一度食事に行くだけで、上記1.~6.すべてでマイルを貯めることが出来ます。しかもうまくこなすと、一度で5000~30000マイル貯めることも可能です。こういった合わせ技は、最初は面倒に感じると思います。しかし、これも慣れてくると、積み木を積み上げるように、簡単に頭に浮かぶようになります。

 

 

 

いかがでしょうか。まとめると、

 

 

まず初めに「やらない(やってはいけない)こと」を知る

 ↓

メインカードをサクッと決める

 ↓

ポイントサイトに登録する

 ↓

ポイントサイトを知る

 ↓

ポイントサイトを比較する

 ↓

高額還元案件をドンドンこなす

 ↓

ポイントサイトを離れた合わせ技を考える

 

 

 

このように、無駄なことを省いて、段階を経て、マイル獲得へ向け取り組んでいると、あなたの生活にマイル獲得の作業が染み込むようになってきます。こうなれば儲けものです。ガンガンマイルが貯まるようになりますので、加速度的に積極的に貯めていくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 


↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




ANAマイルバックキャンペーンで7,000マイルもらえます

 

 

 

ANAが2015年12月11日(金)10:00~から、

ANAマイルバックキャンペーンを展開しています。

路線にもよりますが、最大7,000マイルを獲得することが出来ます。

 

 

anamileback

 

 

 

これは、2016年1月~3月という閑散期を狙った「貯まったマイル活用してくださいね!」キャンペーンです。期間中に、参加登録および発券のうえ、対象期間・対象路線のANA国際線特典航空券エコノミークラスを利用した方へ、利用便に応じたマイル数を戻してくれます(以下、マイルバック)。

実際にマイルバックしてくれるマイル数は以下の通りとなっています。

 

 

 

anamileback2

 

 

 

ちなみに上記のマイル数は「1区間」となっていますので、日本に住んでいる方は、実際のところ往復されると思うので、上記のマイル数の2倍がマイルバックされます。つまり、実質7,000マイル少なく特典航空券が発行出来るということですね。

 

 

 

 

では、このマイルバックがお得なのか?一つ例を挙げてみましょう。

仮にインドネシアのジャカルタにフライトする場合、通常マイルは30,000マイルのところ、5,000マイルをバックしてくれると25,000マイルでフライト出来ることになります。一方、日程は若干ズレがありますが、最も必要マイル数が少ないところに合わせて比較すると、JALの特典航空券の場合、ディスカウントマイルで25,000マイルとなっており、さらに、B期間(2015年12月1日~2016年2月29日(ご搭乗日))限定で、さらに1,000マイル少ない24,000マイルで特典航空券に交換することが出来ます。う~ん、ANA、もうちょっとがんばってほしいなぁ~という感じです。

 

 

 

 

今回のキャンペーンは非常にわかりやすいキャンペーンになっていますが、あえて特徴を挙げてみると、以下のような特徴がありますので、チェックしてみてください。

 

 

1.成田発、羽田発が多く、関西発は1便のみ

 

⇒関西空港利用が便利な方には残念ですが・・・

 

 

2.参加登録&発券の日時と、搭乗期間が異なる

 

⇒下記、日程をしっかり把握しておかないとマイルバックを受けられません!

 

■参加登録期間: 2015年12月11日(金)10:00から2016年1月15日(金)23:59<日本時間>参加登録分まで
■対象発券期間: 2015年12月11日(金)0:00から2016年1月15日(金)23:59<日本時間>発券完了分まで

 

■対象搭乗期間:2016年1月12日(火)から2016年3月31日(木)まで

 

 

3.2親等以内の親族が搭乗してもマイルバックの対象になる

 

⇒ご夫婦や家族旅行などで利用すると特典航空券に交換するマイレージ会員にマイレージが貯まります。

 

 

 

この陸マイラーHiroのブログでは、出来るだけ、「フライトしないでマイルを貯める」ということを最大の目的にしていますが、「仕事で乗ることがある」とか、「たまたま旅行へ行くことになった」など、必然的にフライトすることもあるかと思いますので記事にしてみました。こういったキャンペーンも取りこぼしのないようにマイルをコツコツ貯めていきましょう。

 

 

 

なぜ、「フライトしないでマイルを貯める」ことを推奨しているか?は、以下の記事を参照してみてください。

 

クレジットカードではマイルは貯まらない!その現実と目からウロコのマイル獲得方法

 

 

 

 


↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




関連記事


陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年432,000マイルを毎月5分作業をするだけで【半自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは150万マイル以上。航空会社のステイタスはJALグローバルクラブ(JGC)ANAスーパーフライヤーズ(SFC)。ホテルのステイタスはヒルトンホテル→ゴールドSPG、マリオットホテル→プラチナ「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたのライフスタイルが大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識している還元率も高い開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。最近ドットマネーギフトコードにも対応。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です
タグ