ANA JAL マイル マイレージ ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【JGC修行】ついにJMBサファイアカードが届いた!封筒の中身大公開!

card_saphire

 

 

ついに待ち人来る。JGC修行を終えてから16日目に、待ちに待ったJMBサファイアカードが届きました。いや~長かった。サファイアカードが届くまでの流れは以下の通り。

 

 

 

JMBサファイアカードが届くまでの流れ

 

12月15日 解脱フライト(50,000FLYONポイント達成)

12月17日 ステイタスがサファイアに変わっていることを確認

12月31日 サファイアカードが郵便で届く

 

 

ちなみに解脱後、FLYONポイントが50,000ポイントに到達しているのに、アカウントの画面がクリスタルのまま、という一瞬のズレが生じるレアケースがあるらしいので、解脱フライト翌日の16日→17日に日が変わった直後くらいにログインして、自分のアカウントのステイタスを見てみたのですが、残念ながらその時既に遅し。画面はサファイアに変わってしまっておりました。16日中もログインしたかったのですが、その日は移動で超忙しく、ログイン出来なかったんですよね。なので、解脱直後は何だかうれしいやら、残念やら。

 

 

 

それから、実際にサファイアカードが届くまで、2週間を超える日々をひたすら待ちました(というか遅くない?)。アカウント画面では、FLYONポイントも50,000を超えてるし、ステイタス画像もサファイアに変わっているし、絶対届くのはわかっているのですが、それでも郵便ポストを今か今かと、毎日のぞきに行ってました。

 

 

 

そして、今年の締めくくりを飾るように12月31日、ついにサファイアカードが届きました。月並みですが、うれしすぎるので(笑)、中に入っていたものを紹介しておきます。

 

 

JMBサファイア郵便物中身の紹介

 

1)JMB FLY ON Program サファイアカードが入った封筒

 

img_8434

この厚みがクリスタルカードの時と異なり、ステイタス感を増しています(だってJGC入会申込書が入ってるからね~)。

 

 

2)JMBサファイアの案内状

 

jgcannai

「赤線」の部分のコメントが感無量ですねー。また「赤枠」のところにJGCのことについてしっかり書かれています。至極の世界へいざなわれている感覚に酔いしれます。いよいよだ。

 

 

3)サファイアカードの案内パンフ

 

img_8436

まずはサファイアカードの案内。サファイア会員になると、以下のように、より高いステイタスのサービスが受けられるようになります。

 

 

・マイルUPボーナス(+105%)

・専用予約デスク

・優先キャンセル待ち

・優先空席待ち

・手荷物許容量優待

・ラウンジ利用

・JALファストセキュリティーレーン利用

・JALグローバルクラブエントランス利用

・優先搭乗

・JALグローバルクラブへの申し込み

 

 

マイラーならば特に赤字のサービスが利用できることにステイタスを感じることでしょう。もちろん、最大のメリットは「JALグローバルクラブへの申し込み」ですね。

 

 

4)JMBサファイアカード

 

img_8435

そして、JMBサファイアカード実物。

 

 

5)JALグローバルクラブ(JGC)入会申込案内

 

img_8438

 

中を開いてみると・・・

 

img_8439

いや~、ゴールドが基調で何だかキラキラしてますね!ステイタス感マックスです。

 

 

6)JALグローバルクラブ(JGC)入会申込書

 

img_8441

この表紙の2枚目が実際の申込書になっています。中身を読んでみるけど、うんうん、すでに散々調べてるので、全部知ってます(笑)。

 

 

 

JGCカードを選ぶ際に注意すべきこと

 

上記のサファイアカードの封筒に同封されていたJGC入会申込書は、提携ブランドやカード種別を変更せず、JGCへ入会される場合のみ使用できます。つまり、この場合が最もJGCカードの発行が早くなります。

 

 

 

逆に以下のような場合は、JGC入会には別途専用の書類が必要になりますので、改めてJGC事務局まで連絡が必要です。さらに審査が発生するケースもあるかと思いますので、JGCカードの発行が遅くなること必至です。

 

 

 

・提携ブランドを変更してJGCへ入会する場合

例:Visa→Master

 

 

・カード種別の切替をしてJGCへ入会する場合

例:普通カード、CLUB-Aカード→CLUB-Aゴールドカード、プラチナ

 

 

・現在持っているカードが次の場合

例:家族会員カード、法人カード、ディズニーデザインカード等

→新たにカード発行が必要になります。

 

 

 

ただ、これらのことは事前に情報としてわかることなので、JGC修行をしてJGCへの入会を目指している方は、事前に提携ブランドやカード種別の変更がないように希望のカードを発行しておいてください。

 

 

 

ちなみに私はJGCに入会した後も、年会費を押さえるためにCLUB-Aカードを発行しておいたため、同封の申込書を使ってスムーズにJGCカードを発行出来ます。

 

 

 

JGC入会ワープ申請とは

 

50,000FLYONポイント達成すると、すぐにJGCに入会して、カードを入手したいと思うのが心情ですよね。

しかし、通常のパターンだと、前述の通り、JMBサファイアカードが届く→JGC入会申し込みとなるため、私も2週間以上、首を長くして待っていたように、JGC入会までには結構な時間を要します。

 

 

 

これだけ待たされると、実際に「次のフライトがあるんだけど、その時にJGCカードを使いたい!」という方もいますよね(私はたまたまフライトの予定はなかった)。

 

 

 

そんな時、JGC入会までの期間を短縮する「ワープ申請」という方法があります。といってもJALのデスクに直接連絡して「JGC入会申込書送って~」とお願いをするだけですが。

 

 

 

これだとJGCカードを発行するまで確実に数日は早くなると思いますが、デメリットとして、「JMB」サファイアカードがもらえません。なんだかもらえるものがもらえない、というのは、ちょっと損をした気分なる貧乏性なので(笑)、私はワープ申請をしませんでした。

 

 

 

ちなみに裏技(?)として、ワープ申請の全く逆で、サファイアステイタスサービス期間内に申し込む必要があるJGCですが、サービス期間が「終了」してから、JALのデスクに電話して、「JGCに入りたいので申込書送ってもらえますか・・・」とお願いした友人がいます。結果は無事JGCに入会出来たようです。。。JALさん太っ腹ですね。まぁマイラーならこんなことはあり得ないと思いますが参考情報として。。。

 

 

 

以上、JMBサファイアカード到着のご報告でした。

 

 

 

 


お年玉情報~海外周遊航空券のルートをプレゼントします

Roderick Eime

photo by : Roderick Eime

 

 

 

明けましておめでとうございます!旧年中は読者の方にはお世話になりました。本年も「役に立った!」「おもしろかった!」と言われるような記事を書いていきたいと思いますので、本年も本ブログ「ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法」をよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて早速ですが、2016年が始まりました。あなたは今年、どんなことをやりたいと考えていますか?またはどんな目標を立てましたか?まだ「な~んも考えてない」という方のために、2016年最初のブログ記事ですので、お年玉という意味も含めて、目標とするのにふさわしいANAマイル関連の情報をプレゼントしたいと思います。(もちろん、他の目標を考えている人も参考にしてくださいね)

 

 

 

今回、お正月元旦にプレゼントするANAマイル関連情報は、「海外周遊航空券」の情報です。海外へ行きたい!と思っている人にとって、「世界一周航空券」って魅力ですよね。多少の制限はありますが、目的地の往復するだけの航空券ではなく、世界各地に立ち寄れる周遊航空券を、マイルを使った特典航空券で発券出来ることをご存知でしょうか。

 

 

 

そこで今回は、さすがに世界一周となると、大量のマイルが必要になりますので、出来るだけ多くの方が、比較的容易に行ける「海外周遊航空券」プランをご紹介したいと思います。

 

 

 

そのプランとは・・・

 

 

 

東京(羽田)⇒大阪(伊丹)⇒大阪(関西)⇒台北(桃園)⇒シンガポール(チャンギ)⇒バリ(デンパサール)⇒シンガポール(チャンギ)⇒東京(羽田)

 

GreatCircleMapper000

Source:Great Circle Mapper

 

 

というルートです。このルートだと、

 

 

・大阪でたこ焼き食べて、

 

・台湾で小籠包食べて、

 

・バリで自然と海とエステで癒されて、

 

・シンガポールでマリーナベイサンズの屋上プールに入って、さらに買い物をして、

 

 

帰ってくる海外周遊の旅が体験できます。(もちろん、現地で何をするかは自由ですけど・・・)

 

 

 

実際にマイルを使った特典航空券で、以下の通り、フライトもチェックしました。今回の周遊航空券は、ANAだけだとフライトルートや時間が厳しく予定が組めなかったので、エバー航空シンガポール航空といったスターアライアンスの機材も使用しています。これだけ各地を巡って、これだけのフライトに搭乗して、なんと38,000マイル(+サーチャージ等で23,260円)で行けるのです。

 

syuyubali

 

 

 

ベテランマイラーなら、「38,000マイルなんて簡単じゃん」と思われたことでしょう。しかし、これからマイラーになろうと思っている方や、まだ初心者マイラーだと、「38,000マイルなんてどうやって貯めたらいいの?」と考えると思います。でも大丈夫です。38,000マイルはすぐに貯まります。今回は2016年年始の記事ですので、おまけに38,000マイルの貯め方も具体的に紹介しておきましょう。

 

 

 

38,000マイルを貯めるには、ポイントサイトを活用します。

例えば、ハピタスというポイントサイトがあります。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

↑クリックで登録出来ます(所要時間3分)

 

 

 

ここに登録して、広告を利用すればポイントがもらえます。そのポイントは、ある特定のルートをたどって交換していくと、最終的にポイント数×90%のANAのマイルに交換することが出来ます。仮にハピタスで獲得したポイントが45,000ポイントだった場合、その90%の40,500マイルを獲得出来ることになります。

 

 

 

では、ハピタスで、どんな広告を利用すれば良いかという点ですが、以下のような手順で広告を利用すれば、すぐに38,000マイルは貯まります。

 

 

 

1.まず、ハピタスのトップページ上部の「サービスでためる」をクリック(①)。次に「クレジットカード」をクリック(②)

 

hapitasu2

 

 

 

2.1.で表示された広告の並び順を「獲得ポイントの多い順」に変更する

 

sort1

 

 

 

3.「これは発行してもいいな」と思う広告があれば右上にある「詳細を確認する」ボタンをクリックして、カード発行まで画面を進める 一覧に出てきたカードの広告で、中央に書かれている数字が獲得出来るポイントです。このポイントがマイルに変わります

 

sort

※今回は例としてダイナースカードが並んでいますが、最初は同じブランドのカードの発行は避けた方が良いでしょう。

 

 

 

4.カード発行条件を満たしていたらポイントが獲得出来ます。ポイントが獲得出来たら、以下のルートでポイントを交換し、ANAマイルに交換する。

 

hapitasroot

※ルートについては下記のリンク先の記事を参照

 

 

 

 

ANAマイル38,000マイルを貯めるための大まかな方法と流れは以上です。実際にやってみていただくとわかりますが、「本当にこれでいいの?」と思うくらい、簡単にポイント(マイル)が貯まります

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

↑まずは登録から(所要時間3分)

 

 

 

そして、最終的に90%の還元率で交換するには、『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)というカードが必要になりますが、ハピタスの登録は無料ですし、カード発行にも費用はかかりませんので、取り急ぎ、上記の手続きを先に進めていただいても結構です。

 

 

 

 

上記の手続きが終わった方で、『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)の詳細と、ポイントがANAマイルに変わるまでの全体像を知りたい方は、以下の記事を参照して学んでみてください。

 

【ソラチカ】陸マイラーが必ず通すマイル交換の黄金ルートとは?

 

 

 

 

最後に・・・

 

 

 

「なるほど!」「これはいい!」と思ったり、感じた時にすぐ、行動出来ない人がとても多くいます。しかし、やってみないと分からないことも多いにありますし、やらないと成功も失敗もありません。あなたはどんなタイプでしょうか?もしくは2015年はどんな行動を取っていましたか?2016年は、これだと思う情報にたどり着いた時、すぐに行動できるあなたになりましょう。特にお正月休みなどで時間がある方はなおさらです。今年は一緒にマイルを貯めて、海外へ行きましょう。

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

↑まずは登録から(所要時間3分)

 

 

 

 

ちなみにマイルを利用しない通常の航空券

調べるならこのサイトが有名です。

↓↓↓

skyscanner(スカイスキャナー)

 

 

 


げん玉からPexへのポイント移行が可能になりました。

 

 

 

ANAマイルを爆発的に貯めるためには、
げん玉というポイントサイトが欠かせません。

 

 

 

 

 

しかし、これまでげん玉からは、貯めたポイントをANAマイル黄金ルート(ソラチカルート)に必須のPexへの交換が出来ませんでした。

 

 

 

そのため、50%の交換比率でのTポイントからANAマイルへの交換が
メインルートとなっていました。(以下の図の右側)

 

scheme

 

 

 

これは、90%の交換比率を誇るソラチカルートと比較して、交換比率だけみると、とても見劣りするルートでした。

 

 

 

10000ポイントを持っていて、一方では9000マイル貯まり、もう一方では5000マイルしか貯まらない、ということの意味は、マイラーなら痛切に感じると思います。

 

 

 

しかし、このげん玉ルートですが、

ついにげん玉⇒Pexというルートが開通しました。

 

 

 

その経緯と仕組みを説明したいと思います。

 

 

 

実は、以前に「ライフマイル」というポイントサイトが存在していました。(ご存知の方も多いと思いますが)

oldlifemile

 

 

 

このライフマイル。

私も好きで良く利用していたポイントサイトの一つです。

 

 

 

しかし、この「ライフマイル」のサービスが終了し、「REALWORLD」というポイントサイトに引き継がれることになり、2015年10月より順次、ポイントの引き継ぎが始まりました。

 

 

 

ここで重要な点は、実はこのREALWORLDというサービスを提供する「株式会社リアルワールド」という会社は、げん玉を運営していた会社だったのです。

 

 

 

そして、この株式会社リアルワールドは、このタイミングで、ライフマイルの移行先である「REALWORLD」というサービスと「げん玉」というサービスの間で、ポイントを共有するシステムを採用。

 

 

 

このおかげで、元々Pexと提携し、交換が可能であったREALWORLDから、げん玉のポイントをPexへ交換出来るようになったのです。これら一連のライフマイル終了後のフロー図は以下の通りです。

 

 

gendamapex

 

 

 

よって、現実的にげん玉からソラチカルートへのポイント移行が可能になったのです。

 

 

scheme2

 

 

 

これにより、主に初心者陸マイラーの方や、定期的にソラチカルートを利用される方にとって、選択肢の増加という意味で、大きなメリットが発生したことになります。

 

 

 

ただし、T-POINTを使ったルートは、大量にマイルが必要な時や、ANAマイル黄金ルートに必須のソラチカのサービスが改悪された時などには、依然、必要となるルートですので、よく覚えておいてください。

 

 

 

げん玉への登録はこちら

 

 

 

 

 

 


陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めてます。JGC解脱済み。JALグローバル会員、ヒルトンHオナーズゴールド会員。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。関心がある方は、まずはトップページの「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

ハピタスでは期間限定のポイントプレゼント中。無料登録⇒1度利用(無料案件でOK)⇒ポイント交換(もちろん無料)するだけで1000pt(1000円)がもらえます。2017年3月31日まで。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ