ANA JAL マイル マイレージ ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【JGC修行】ついにJMBサファイアカードが届いた!封筒の中身大公開!

card_saphire

 

 

ついに待ち人来る。JGC修行を終えてから16日目に、待ちに待ったJMBサファイアカードが届きました。いや~長かった。サファイアカードが届くまでの流れは以下の通り。

 

 

 

JMBサファイアカードが届くまでの流れ

 

12月15日 解脱フライト(50,000FLYONポイント達成)

12月17日 ステイタスがサファイアに変わっていることを確認

12月31日 サファイアカードが郵便で届く

 

 

ちなみに解脱後、FLYONポイントが50,000ポイントに到達しているのに、アカウントの画面がクリスタルのまま、という一瞬のズレが生じるレアケースがあるらしいので、解脱フライト翌日の16日→17日に日が変わった直後くらいにログインして、自分のアカウントのステイタスを見てみたのですが、残念ながらその時既に遅し。画面はサファイアに変わってしまっておりました。16日中もログインしたかったのですが、その日は移動で超忙しく、ログイン出来なかったんですよね。なので、解脱直後は何だかうれしいやら、残念やら。

 

 

 

それから、実際にサファイアカードが届くまで、2週間を超える日々をひたすら待ちました(というか遅くない?)。アカウント画面では、FLYONポイントも50,000を超えてるし、ステイタス画像もサファイアに変わっているし、絶対届くのはわかっているのですが、それでも郵便ポストを今か今かと、毎日のぞきに行ってました。

 

 

 

そして、今年の締めくくりを飾るように12月31日、ついにサファイアカードが届きました。月並みですが、うれしすぎるので(笑)、中に入っていたものを紹介しておきます。

 

 

JMBサファイア郵便物中身の紹介

 

1)JMB FLY ON Program サファイアカードが入った封筒

 

img_8434

この厚みがクリスタルカードの時と異なり、ステイタス感を増しています(だってJGC入会申込書が入ってるからね~)。

 

 

2)JMBサファイアの案内状

 

jgcannai

「赤線」の部分のコメントが感無量ですねー。また「赤枠」のところにJGCのことについてしっかり書かれています。至極の世界へいざなわれている感覚に酔いしれます。いよいよだ。

 

 

3)サファイアカードの案内パンフ

 

img_8436

まずはサファイアカードの案内。サファイア会員になると、以下のように、より高いステイタスのサービスが受けられるようになります。

 

 

・マイルUPボーナス(+105%)

・専用予約デスク

・優先キャンセル待ち

・優先空席待ち

・手荷物許容量優待

・ラウンジ利用

・JALファストセキュリティーレーン利用

・JALグローバルクラブエントランス利用

・優先搭乗

・JALグローバルクラブへの申し込み

 

 

マイラーならば特に赤字のサービスが利用できることにステイタスを感じることでしょう。もちろん、最大のメリットは「JALグローバルクラブへの申し込み」ですね。

 

 

4)JMBサファイアカード

 

img_8435

そして、JMBサファイアカード実物。

 

 

5)JALグローバルクラブ(JGC)入会申込案内

 

img_8438

 

中を開いてみると・・・

 

img_8439

いや~、ゴールドが基調で何だかキラキラしてますね!ステイタス感マックスです。

 

 

6)JALグローバルクラブ(JGC)入会申込書

 

img_8441

この表紙の2枚目が実際の申込書になっています。中身を読んでみるけど、うんうん、すでに散々調べてるので、全部知ってます(笑)。

 

 

 

JGCカードを選ぶ際に注意すべきこと

 

上記のサファイアカードの封筒に同封されていたJGC入会申込書は、提携ブランドやカード種別を変更せず、JGCへ入会される場合のみ使用できます。つまり、この場合が最もJGCカードの発行が早くなります。

 

 

 

逆に以下のような場合は、JGC入会には別途専用の書類が必要になりますので、改めてJGC事務局まで連絡が必要です。さらに審査が発生するケースもあるかと思いますので、JGCカードの発行が遅くなること必至です。

 

 

 

・提携ブランドを変更してJGCへ入会する場合

例:Visa→Master

 

 

・カード種別の切替をしてJGCへ入会する場合

例:普通カード、CLUB-Aカード→CLUB-Aゴールドカード、プラチナ

 

 

・現在持っているカードが次の場合

例:家族会員カード、法人カード、ディズニーデザインカード等

→新たにカード発行が必要になります。

 

 

 

ただ、これらのことは事前に情報としてわかることなので、JGC修行をしてJGCへの入会を目指している方は、事前に提携ブランドやカード種別の変更がないように希望のカードを発行しておいてください。

 

 

 

ちなみに私はJGCに入会した後も、年会費を押さえるためにCLUB-Aカードを発行しておいたため、同封の申込書を使ってスムーズにJGCカードを発行出来ます。

 

 

 

JGC入会ワープ申請とは

 

50,000FLYONポイント達成すると、すぐにJGCに入会して、カードを入手したいと思うのが心情ですよね。

しかし、通常のパターンだと、前述の通り、JMBサファイアカードが届く→JGC入会申し込みとなるため、私も2週間以上、首を長くして待っていたように、JGC入会までには結構な時間を要します。

 

 

 

これだけ待たされると、実際に「次のフライトがあるんだけど、その時にJGCカードを使いたい!」という方もいますよね(私はたまたまフライトの予定はなかった)。

 

 

 

そんな時、JGC入会までの期間を短縮する「ワープ申請」という方法があります。といってもJALのデスクに直接連絡して「JGC入会申込書送って~」とお願いをするだけですが。

 

 

 

これだとJGCカードを発行するまで確実に数日は早くなると思いますが、デメリットとして、「JMB」サファイアカードがもらえません。なんだかもらえるものがもらえない、というのは、ちょっと損をした気分なる貧乏性なので(笑)、私はワープ申請をしませんでした。

 

 

 

ちなみに裏技(?)として、ワープ申請の全く逆で、サファイアステイタスサービス期間内に申し込む必要があるJGCですが、サービス期間が「終了」してから、JALのデスクに電話して、「JGCに入りたいので申込書送ってもらえますか・・・」とお願いした友人がいます。結果は無事JGCに入会出来たようです。。。JALさん太っ腹ですね。まぁマイラーならこんなことはあり得ないと思いますが参考情報として。。。

 

 

 

以上、JMBサファイアカード到着のご報告でした。

 

 

 

 


【JGC修行】JAL JMBサファイア獲得へ向け実際に沖縄タッチをやってみた。

JAL GLOBAL CLUB(出所:http://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/)

 

 

 

JGC(JALグローバルクラブ)会員資格を目指して2016年12月現在、過密スケジュールを組んで飛び続けているわけですが(なぜ過密なのか?はこちらの記事で)、その中で一度はやってみたかったことがあります。それは、先輩JGC修行僧の方々が、度々記事にもされている「沖縄(那覇)タッチ」修行です。

 

 

通常、飛行機で遠方に行く場合は、「せっかく行くのだから」と、少しでも現地の観光をスケジュールに盛り込みたいと考えるのが、心情というものですが、JALのJGCにしろ、ANAのSFCにしろ、我ら修行僧はフライトポイント(JALの場合はFLYONポイント、ANAの場合はプレミアムポイント)を貯めるために「飛行機に乗ること」が目的であるので、スケジュールやコストを考えると、沖縄まで飛んですぐに引き返す「沖縄タッチ」という荒行が視野に入るわけです(通常の旅行者思考では考えられないですよね)。

 

 

そんな中、今回あえて、「沖縄タッチ」のスケジュールを組んでみました。

 

img_8250_1

 

今回「沖縄タッチ」に選んだのは関西-那覇のフライトです。JALのスケジュールを見ると、大阪関西-那覇路線は、JAL本体が運航しているのではなく、JAL関連会社の「日本トランスオーシャン航空」が運航しています。

 

 

日本トランスオーシャン航空は沖縄県那覇市に本社を置く、今年50周年を迎える航空会社です。運航路線は沖縄本島を中心とする離島への路線がメインですので、中小型機が多い航空会社ですが、とはいえ、昨今のインバウンド需要の波に乗り、2015年は経常利益が12%を超えるなど、堅実な経営を行っている会社でもあります。

 

 

話を戻して、今回の沖縄タッチで選んだフライトは以下の通り。

 

 

往路 JTA1 関西8:50発 那覇11:15

復路 JTA4 那覇11:55発 関西13:45着

 

 

上記のフライトスケジュールを見ていただいてお分かりの通り、那覇に着いて折り返し便までの時間が40分しかありません。実際には飛行機がウイングに着いてから乗客が出てくるまでの時間や、搭乗時の乗客誘導時間を含めると、実質20分程度しかありません。これが「タッチ」と言われる所以だと思います。

 

 

しかし一見、この強行スケジュールなタッチ修行をすることで、朝に出た出発空港へ、午後一番に帰ってくることが出来るので、休みの日を一日つぶしたり、一泊したりせず、超効率的にフライトポイントを獲得することが出来るため、多くの修行僧が実践している方法なのです。

 

 

 

沖縄タッチ修行を考えた時に発生する2つの疑問点

 

 

沖縄フライトに限りませんが、どこか目的地を設定した「タッチ修行」をスケジュールに組込もうと考えた場合に、必ず出てくる疑問点が2つあります。それは・・・

 

 

1)復路の飛行機に乗り遅れないか?

 

2)行き先空港で手荷物検査をもう一度受けなければいけないのか?

 

 

という点です。

 

 

まず1)ですが、今回の関西-那覇のフライトスケジュールでは、全く問題ありません。そもそも乗り遅れるということ自体が発生しません。なぜなら、このJTA1便は、関西⇒沖縄と飛んだ後に、JTA4便として「同じ機材」が関西へ引き返すからです。

 

 

ですから、往路のJTA1便が遅れたとしても、復路のJTA4便が先に出発してしまう、ということが、理論上あり得ないからです。

※ただし、制限エリアを出た場合は別です。以下の疑問点2)をお読みください。

 

 

なお、路線やフライトによっては、機材のみならず、CAさんたちも同じクルーが引き返すこともあります。その時、「何となく気恥かしい気になる」と先輩JGC修行僧の方々がおっしゃっていたので、ホントにそうかな?と気になっていました。

 

 

そこで今回もその可能性があると思ったので、私の方からCAさんに「また折り返しJTA4便で引き返します」と話しかけると、「ええ~そうなんですか!また一緒ですね!」と会話が盛り上がるのでは?と考えたのですが、実際は「ご苦労さまです。私はこの後、宮古島へのフライトです」と言われ、期待したほど盛り上がらなかったことは内緒にしておきます・・・。

 

 

さて、次は疑問点2)ですが、これは私も予約時に悩みました。「そもそも実質20分しかないのに、一度外に出て、また手荷物検査を受けた場合、手荷物検査が激込みしていたら、間にあわないのではないか・・・」こんなことを考えると、「予約したとしても復路便に乗れなかったら・・・」と不安になり、なかなかJAL予約ページの予約ボタンを押せませんでした・・・

 

 

またこの疑問ついては、ググってみても意外と書かれている記事が少ない、というか、適切な検索キーワード自体が思いつかなかったために、ハッキリと確信を持てる答えは持っていなかったのです。

 

 

ならば聞いた方が早い、と思い立ち、今回の沖縄タッチフライト直前の別の沖縄へのフライト時に、制限エリア内搭乗口付近にあるカウンターで聞いてみました。

 

 

すると、「はい、建物(制限エリア)を出なくてもこちらで「乗り継ぎ扱い」で発券させていただきます」との一発回答で、心配していた点が完全にクリアされました。つまり、手荷物検査を改めて受ける必要はなく、そのまま次の復路便を待っておけば良いということです。

 

 

また逆に「発券後、やっぱり外に出たいと思ったら出ることは可能でしょうか?」と聞いてみたところ、「はい、手荷物検査をもう一度受けていただけるならば出ていただいても構いません。」という回答でした。

 

 

やはり、「ググるより直接聞いてみる」というところでしょうか・・・まぁ、冷静に考えると当たり前の話ですが、「もし、復路便に間に合わなかったら・・・」という疑問を持ったままというのは精神衛生上良くないですからね。

 

 

この記事を読んで安心し、今後、沖縄タッチを敢行される方々が出てくると思いますので、ここで記事をもっとわかりやすくするために、写真もご提供しておきます。

 

noritugiokinawa

那覇空港国内線は、到着ロビーと出発ロビーが一緒になっています。機内からターミナルに出てくるとこのような感じのフロア(制限エリア)に出ます。この制限エリアを出ずに、復路のフライトに搭乗する際は、25番と26番(○印)搭乗口の間にある上記写真のJALカウンターへ行ってください(矢印のところ)。

 

 

そこで復路の航空券を発行してもらったら、後は復路の搭乗口前で待っておけばOKです。

 

 

ちなみに私は復路搭乗券発行後、あえて一度出てみることにしました。制限エリアから出て、展望台からの飛行機を見たり(※)、JGC、SFCに限らず修行者が沖縄フライト時にお世話になるであろう「空港食堂」を一目見たかったからです。

※那覇空港はJAL、ANAの機体を見るのもよいですが、F15戦闘機が常時離発着をしていて、これが大迫力!おすすめです。

 

img_8091_1

F15戦闘機。那覇空港に40機も配備されています。この戦闘機の飛行速度と爆音は、飛行機好きの私は正直、かなり萌えます(笑)

 

 

img_8121_1

空港1Fの端の端、JALツアーカウンターのさらに奥にあります。

 

 

img_8125_1

キターーーー、JGC、SFC修行僧の胃袋を満たしてきたウワサの食堂。

 

 

img_8123_1

この場所に立つと、「先輩JGC、SFC修行僧もこの場所に同じように立ったんだろうなぁ~」と感慨深い気分になる場所でした。

 

 

img_8124_1

ほとんどのフライトを網羅している営業時間です。

 

 

往路那覇空港着⇒復路チケット発券⇒展望台で飛行機を見る⇒空港食堂を訪ねる(今回食事はしてない)⇒手荷物検査⇒往路搭乗口

 

 

これだけの動きをして、20分後のギリギリ往路の機内案内に間に合いました。独りで沖縄に来て、空港をウロウロして、すぐに本土へ帰る。JGC、SFC修行のことを知らない一般の方々には、全くもって不可解な行動にしか見えませんよね(汗)。でも趣味嗜好は違えど、目的を持って行動していることなので、やっていて不思議な充実感があります。

 

 

と、いうわけで、

 

 

1)復路の飛行機に乗り遅れないか?

 

2)行き先空港で手荷物検査をもう一度受けなければいけないのか?

 

 

という疑問点は全く心配することはありません。ぜひあなたも「沖縄タッチ」を満喫してみてください。

 

 

JMBサファイア会員資格まであと、3210FLYONポイントです。

 

 

 

今回の記事は、JGC修行のネタとして書いていますが、まずはマイルを貯めたい!という方はこちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

 


【JGC修行】JAL JMBクリスタル会員に到達しました。

 

card_crystal

 

JALの「JMB FLY ON プログラム」のサービスステータス「クリスタル」へと到達しました。

 

 

人生、どこで転換期を迎えるかわかりませんね。図らずも私のJALサービスステータスが「クリスタル」へと到達したことで、私の人生が急激な方向転換をすることになるとは・・・

 

 

実は2016年、仕事で少しばかりの海外出張が発生し、会社で手配する航空会社がJALだったこともあり、マイルやFLYONポイントが少しづつ貯まっていきました。

 

 

しかし、私はこのブログを見ていただいてもわかっていただける通り、ANAマイレージ派

 

 

JALなんて全く興味がなかったので、最初は、「JAL"も"フライトでマイルが少しでも貯まればいいか」などと、かる~く考えておりました。この時点では当然、FLYONポイントなど全く頭にもありませんでした。

 

 

マイルとFLYONポイントの違いがわからない方はこちら

【JGC修行】入門編~マイルとFLY ON ポイントとの違いは何?

 

 

ちなみに私はANAマイレージ派といっても、基本は陸マイラー。「飛ばずにマイルを貯める」ことを主眼として皆様に情報を提供し続けています。

 

 

・・・といったこともあり、何だかんだ言って、ANAマイルを使って特典航空券を利用する以外は、仕事はもちろんプライベートで実際にフライトする時もJALを選ぶことが多くなりました。なぜなら、予約~搭乗までの手続きが、やはり慣れている航空会社の方が手間がかからないからです。

 

 

そんな中、2016年も半分を過ぎたあたりから、少しづつFLYONポイントが貯まり始めていることに気付き始めました。

 

 

「ん?これならサファイアカードは無理でもクリスタルなら到達するかも?」

 

 

と思い始めました。

 

 

「それなら、今年クリスタルまで行って、来年サファイアを狙う方法もあるな」

 

 

と、これも何となく頭の中で計画していたら、なんとついに11月、クリスタルへ到達してしまいました。

 

crystalimg

 

 

JMBクリスタルのサービスステイタスは、30,000FLYONポイントで到達ですが、11月が終わろうとする時点で上記の通り、35,460ポイント、つまりJGC修行が狙うJGCカードを申請できるJMBサファイアまで、残すところあと14,540ポイントじゃありませんか!!

 

 

「おお~っ!これは今年のクリスタルをステップに、来年チャレンジしようと思っていたJGC修行を来年にすることなく、今年中にサファイアに到達するのでは?」

 

 

と、やましい気持ち(?)がムクムクと沸き上がってきたのです。

 

 

しかし、いかんせん、すでに11月。サファイアの資格を得るためには12月末までに50,000ポイント達成している必要があります。

 

 

「残り、14,540ポイントをあと1ヶ月で獲得できるか?」

 

 

をかなり悩みましたが、まずは可能かどうか調べてみることに。

 

 

そしたらどうでしょう。12月はほとんどの土日はつぶれてしまうものの、何とか50,000FOPまでは到達するスケジュールが組めるではありませんか・・・

 

 

と、いうことでラストワンマンスの12月からJGC修行を始めます!まさかこんな土壇場に来てJGC修行をすることになるとは思いませんでしたが、せっかく舞い込んだチャンスですし、来年は何があるかわからないので、サファイアの資格は取れる時に取っておきたい。そう考えた私の人生は師走の忙しさと共に、JGC修行へとシフトしていくのでした・・・。

 

 

またJGC修行の様子は今後、記事にしていきます。

 

 

 


陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めてます。JGC解脱済み。JALグローバル会員、ヒルトンHオナーズゴールド会員。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。関心がある方は、まずはトップページの「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

ハピタスでは期間限定のポイントプレゼント中。無料登録⇒1度利用(無料案件でOK)⇒ポイント交換(もちろん無料)するだけで1000pt(1000円)がもらえます。2017年3月31日まで。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ