ANA JAL マイレージ マイル ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【改悪】ソラチカルートに異変!主要ポイントサイトから東京メトロへの移行ルートが閉鎖。貯められるANAマイルが激減?!今後の対策と対応を徹底解説します。

 

 

 

 

これまで長年、陸マイラーに愛され、活用されてきた東京メトロが発行する唯一無二のカード、ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)。

 

 

 

このソラチカカードが陸マイラーに人気だったのは、「各ポイントサイト(ハピタス、モッピー等)のポイントを90%の交換レートでANAマイルに移行できるから」でした(=ソラチカルート)。

 

 

» この記事の続きを読む


ハピタスからドットマネーに交換するメリットとデメリット

 

 

 

遅ればせながらですが、すでに話題になっておりますハピタスポイントからドットマネーギフトコードへの交換を、実際に私もやってみました。

 

 

 

まずは、ハピタスのポイントを交換すると以下のような交換受付メッセージが届きます。以下の画面はハピタスにログインしてメッセージを見た場合ですが、登録しているメールアドレスへも同種のメッセージが届きます。今回はテストとして5,000ポイントだけ交換してみました。

 

kokan1

 

 

気になるハピタスのポイントがドットマネーギフトコードに交換されるタイミングについて、公式では「3営業日」となっていますが、私の場合、8月7日(日)17:21に交換して、8月9日(火)13:37には交換が完了していました。つまり、うまくいけば2営業日で交換出来るようです。

 

 

 

無事、ハピタスポイントが、ドットマネーギフトコードに交換されると、次に以下のようなメッセージが届きます(こちらもメールアドレスにも同種のものが届きます)。

 

 

kokan3

 

 

そして、上記画面にあるリンクをクリックして先に進めて行くのですが、このレイアウトだと上段にある「交換手続き情報」を思わずクリックしてしまいますよね。でもそうじゃないです。「交換手続き情報」は「ドットマネーギフトコードを手に入れました」という”電子マネーIDの確認”が出来るだけで、スムーズにドットマネーギフトコードにたどり着きません。

 

 

 

なので、まずは上記の赤で囲った「ドットマネーギフトコードの使用方法」をクリックしてください。そうすると、以下のようなドットマネーのサイトに飛びます(ログインしていない場合は一度ログインが必要です)。

 

 

giftcoad

 

 

まずはドットマネーギフトコードが表示されていることを確認(上記画像ではあえて消してあります)。その後、この画面の「確認画面へ」の文字があるバナーをクリックします。後は案内に従って行けば、簡単にドットマネーに変換することが出来ます。

 

 

 

ドットマネーギフトコードは他人に譲渡可能

 

 

上記のようにこの度、ハピタスからドットマネーへポイント交換が出来るようになり、これまでハピタス→PEXしかルートがなかったANAマイラー御用達のソラチカルートに、新たなルートが加わり利便性が高まるとともに、リスクヘッジが可能になりました。

 

 

 

しかし、それより我々ANAマイラーにとって重要なことは、ドットマネーギフトコードは他人に譲渡することが可能であるということです。

 

 

 

マイラーがマイルを貯める際、家族に協力してもらうと、加速度的にマイルを貯めることが出来ます。しかし、家族にポイントサイトのIDを持ってもらい、同じようにポイントを貯めたとしても、ポイントサイト内はもちろん、他のポイントサイトへ交換する際も、「同一名義先」が条件なため、ポイントを合算することは出来ませんでした。(マイレージサービス内では合算する方法は存在します)

 

 

 

しかし、今回のドットマネーギフトコードは、「同一名義先」以外でも、他人がドットマネーにログインした状態で、上記の「ドットマネーギフトコードの使用方法」をクリックすると、ポイントを他人へ譲渡出来てしまいます。それもそのはず、ドットマネーギフトコードはその名の通り、「ギフト」コードなので、そもそも譲渡することが前提になっているわけですからね。

 

 

 

ポイントを譲渡出来るメリットを具体的に考えてみる

 

 

では、ポイントを譲渡出来るメリットは何でしょうか?具体的に考えてみます。

 

 

 

例えば夫婦二人でマイルを貯めているとしましょう。従来のソラチカルートを使うと一人毎月最大18,000ANAマイルを貯めることが出来ます。二人で貯めると36,000マイルを貯めることが出来ますね。

 

 

 

しかし、とある月の話として、ハピタスで夫が35,000ポイント、妻が5,000ポイント貯めた月があったとしましょう。

 

 

 

この場合、夫はいつも通り、ポイントサイト→メトロへ20,000ポイントを交換→ANAマイルへ20,000ポイント(=交換上限)を交換すると、その90%の18,000マイルを貯められます。しかし、今月は15,000ポイントが余ってしまいます。(計算を単純化するために各中継ポイントの当初ポイントの残高は0とします)

 

 

 

一方、妻は5,000ポイントをソラチカルートで交換すると、最終4,500マイルに交換出来るのですが、夫婦で合計22,500マイルしか貯めることが出来ません

 

 

 

しかし、ドットマネーギフトコードを利用するとどうでしょうか。

 

 

 

夫は同じようにポイントを交換して、18,000マイルを貯められます。かつ、従来のソラチカルートだと、余ってしまっていた15,000ポイントをドットマネーギフトコードだと他人へ譲渡出来るわけですから、15,000ポイントを妻に譲渡します。すると、この時点で妻の残高は20,000ポイントに増えます。その後、ドットマネー→メトロポイント→ANAマイルに交換すると、妻も18,000マイルを貯められます。夫と合わせて最大の36,000マイルを貯めることが出来るため、従来のソラチカルートよりも無駄なくかつ早くマイルを貯めることが出来るようになったわけです。

 

 

 

他にもメリットはいくつか考えられますが、ポイントを譲渡出来るようになったことは、陸マイラーにとっては、とても大きなメリットであり、歓迎すべきことであることは間違いありません。

 

 

 

手数料が無料かつ、ポイントを3%上乗せしてもらえる

 

 

 

これまでのソラチカルートは、PEXを経由するのが、セオリーでした。しかしながらPEX→メトロポイントへの交換時には、交換毎に500ポイントの手数料を取られていました。

 

 

 

しかし、ドットマネーギフトコードを使った新ルートでは、手数料は無料です。これはありがたいですね。さらに今ならドットマネーギフトコードへポイントを交換すると、3%ポイントを上乗せしてくれるキャンペーンを行っています。単に、数回クリックするだけで、3%のポイントを上乗せしてくれるのですから、美味しい話です。

 

dotmoneycham

 

 

 

デメリットは有効期限と規約改定

 

 

この度、開通したドットマネーギフトコードを利用した新ルートはとてもメリットの多いサービスですが、デメリットも考えておかないといけません。

 

 

最も注意が必要なのは、「有効期限」です。これまでの王道だったPEXの有効期限は、12ヶ月の間に一度でもログインするか、12ヶ月以内に一度でもポイント交換していれば、ポイントは失効しませんでしたが、

 

pexdedline

 

 

ドットマネーは、ポイントを獲得してから「6ヶ月後月末」という有効期限があります。つまり、何度ログインしていても、新たにポイントを取得したとしても、獲得したポイントは「6ヶ月後月末」で失効してしまいます。これは結構短い期間なので、うっかりポイントを失効してしまわないように十分注意してください。

 

dotmoneydedline

 

 

あと注意したいことは、「規約改定」ですね。あまりにも美味しい企画やサービスなどは、ネットで瞬く間に陸マイラーに伝わり、企画やサービスに殺到することがあります。あまりに殺到するとどういうことが起きるかというと、そのサービス自体が消滅したり、改善ならぬ改悪をされたりします。もし改悪されただけなら良いですが、それを知らずにそのままサービスを利用していると、知らないうちに規約違反をしてしまうことになり、最悪のケースでは、ID剥奪のリスクもありますので、注意が必要です。

 

 

 

さらにココからは私の推測でしかありませんが、おそらく今回のドットマネーギフトコードは、ダイレクトにドットマネーのポイントに変換する制度にしなかったのは、明らかに意図があると感じています。つまり最初から業界ではタブーだった「ポイントの譲渡」を前提にしていた可能性が高いと。これにより、ドットマネーはポイントサイトとしては、後発組であるにも関わらず、一躍有名になれるわけですから。

 

 

 

ただ、ここではあえて言いませんが、この「ポイント譲渡」は、いろいろ見方によっては課題があるわけで、私もこのポイント譲渡制度を活用して、いくつかグレーなことを思いつきました(もちろんやりませんが)。。。しかし、この制度によってポイントサイトがこれまで以上に注目され、活況を帯びる可能性の方に期待したいと思います。今後は、私も規約改定動向には注意を払いながら、積極的に活用していきたいと思います。

 

 

 

今後は陸マイラーに必須のハピタスとドットマネーの組み合わせ。各口座をお持ちでない方は以下のリンクからどうぞ。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスの登録は無料です。

 

 

dotmoneytop

ドットマネーはアメーバIDでログイン出来ます。

 

 

 


【ソラチカ】陸マイラーが必ず通すマイル交換の黄金ルートとは?

 

 

 

ANAマイルを貯める上で、陸マイラーが保有すべき絶対必要不可欠なクレジットカードは、『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)です。

 

 

 

年間、216,000マイルを生みだす、クレジットカードの中で、最も破壊力を持つこのソラチカカードとは、

 

 

 

・一体、どんなカードなのか?

 

・また、どのように利用するのか?

 

 

 

ANAカード『ソラチカ』の基本的なことから使い方、そして弱点まで、徹底的におさらいしておきます。

 

 

 

 

なぜ、陸マイラーにソラチカカードが必要なのか?

 

 

結論から言うと、

 

 

「ポイントサイトで貯めたポイントを最も有利なレートでANAマイルに交換することが出来るから」

 

 

です。

 

 

 

例えば、楽天ポイント。現金にすると1ポイント=1円の価値がありますが、仮に楽天⇒ANAマイルに交換すると、10万ポイントが5万マイルと、半減してしまいます。

 

 

 

一方、例えば陸マイラー御用達の「ハピタス」のポイントをソラチカルートを使えば、9万マイルになります。

 

 

 

元々、10万ポイントあったものが5万マイルと、9万マイルになるのとでは、全く意味合いが異なってくることは、ご理解いただけると思います。

 

 

 

ちなみに楽天ポイントのANAマイルへの還元率0.5倍(50%)というのは、決して楽天ポイントの還元率が他に比べて低いというわけではなく、むしろこちらの方がマイル還元率の一般的な数字です。

 

 

 

しかし、ソラチカカードは、0.9倍(90%)という破格の還元率を誇り、無数に存在するカードの中でも、この還元率0.9倍(90%)を実現するクレジットカードは存在しないのです。

 

 

 

 

ソラチカカードを利用する際のコツ

 

 

 

ソラチカカードのポイント⇒ANAマイルへの還元率は破格である、とお伝えしましたが、ショッピングポイントの還元率は他のカードでもよくある1%で、特段、比較的優位性はありません。

 

 

 

しかも、年会費はそんなに高くないにしても無料ではなく2,000円/年が必要。

 

 

 

また、ショッピングポイント(JCBのOkiDokiポイント)をマイルに変換する際、還元率を1%にするためには、マイル移行手数料 年間5,000円(税別)が必要です(10マイルコース選択時)。

 

 

 

ですので、このソラチカカードを決済のメインカードにする利用方法は、特段おすすめするものではありません。他のカードでもっと還元率を上げる方法がありますので。

 

 

 

では、ソラチカはどのように利用するのか?

 

 

 

ソラチカは、ショッピング時に貯まるJCBのOkiDokiポイント以外に、PASMOとして利用して東京メトロ(地下鉄)に乗れば貯まる、「メトロポイント」というものがあります。

 

 

 

「東京に住んでないし、行かないし、メトロポイントなんて貯まらないよ」

 

 

 

このような声が聞こえてきそうです(笑)。

 

 

 

しかし、このポイント制度をマイル変換への中継ポイントとして利用するのが、陸マイラーとしてのソラチカカードの正しい使い方です。このメトロポイントはマイルに変換する際に手数料は不要ですし、このメトロポイントこそが、マイルへの還元率0.9倍を実現するポイント制度なのです。

 

 

 

つまり、『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)は、「決済には使わず、東京メトロに乗らなくてもいい。ただ年会費を少し払うがカードを保有(死蔵)して、ポイントの中継地点として利用するカード」と言えます。

 

 

 

 

メトロポイントへ移行出来るのはPexとGポイント

 

 

 

では、どこからポイントをメトロポイントへ中継させるのか?

 

 

 

メトロポイントへポイントを移行させるために必要なポイントサイトはハピタスPexGポイントです。

 

 

 

例えば、ポイントサイト「ハピタス」でポイントを貯めた場合。

 

 

ハピタス ⇒ Pex ⇒ メトロ ⇒ ANA

 

 

というルートを経由してマイルへ交換します。ちなみにこのルートが陸マイラーの黄金ルート「ソラチカルート」となっています。(=以下の図の左側のルート)

 

 

scheme

 

 

 

また、ANA VISAカードの一部のポイントや高還元率で有名なエクストリームカードを使っている場合は、

 

 

各カード ⇒ Gポイント ⇒ メトロ ⇒ ANA

 

 

というルートを使います(Gポイントを経由するところがポイント)。

 

 

 

いずれのルートにしても、高還元率でANAマイルを貯めるためのルートを確立するために、ソラチカカードが必須なのです。

 

 

 

 

ソラチカカードの最大の弱点

 

 

 

唯一無二のカード、ソラチカカード。このカードにも弱点があります。

 

 

 

それは・・・

 

 

・マイルへの移行スピードが遅い(1~2ヶ月)

 

・月に20,000ポイント(18,000マイル)までしかANAマイルへ移行出来ない。

 

 

上記の通り、マイルへの移行スケジュールとして、約60日間必要です。しかも、月に2万ポイント(18,000マイル)までしか移行出来ないため、スケジュールを組んでも年間最大216,000マイルしか貯めることが出来ません。

 

 

 

ただ、年間216,000マイル貯めるとなると、そこそこ大変ですので、陸マイラー活動を始めたばかりの人は、あまり気にすることはないかと思います。

 

 

 

216,000マイル以上貯める実力が付いたら、また別のルートを使ってANAマイルを貯めることになりますので、最初のうちは、毎月18,000マイル、年間で216,000マイルをソラチカ黄金ルートを使って貯めるようにしてみてください。

 

 

 

最後に、この唯一無二の『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)

 

 

 

 

ここまで解説してきたように現状では、陸マイラーにとって最強のカードになっています。しかし、このメトロ⇒ANAマイルの変換率が改悪により、削減されたり、そもそも交換自体が出来なくなる可能性もあります。このサービスがいつまでもあるとは、考えない方が良いと思います。

 

 

 

なので、このソラチカカードの利用方法や黄金ルートについて理解出来たなら、ソラチカカードを準備し、ANAマイルを貯めるためのポイントをポイントサイトに口座を開設してポイントを貯めはじめましょう。

 

 

 

ソラチカカードと同じくらい初心者陸マイラーにとって必須なポイントサイト。

ANAマイルへ交換するポイントを貯めるためにまずは無料登録すべきポイントサイトです。

↓↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

 

 



陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年432,000マイルを毎月5分作業をするだけで【半自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは150万マイル以上。航空会社のステイタスはJALグローバルクラブ(JGC)ANAスーパーフライヤーズ(SFC)。ホテルのステイタスはヒルトンホテル→ゴールドSPG、マリオットホテル→プラチナ「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたのライフスタイルが大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識している還元率も高い開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。最近ドットマネーギフトコードにも対応。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です
タグ