ANA JAL マイル マイレージ ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【JGC修行】ついにJMBサファイアカードが届いた!封筒の中身大公開!

card_saphire

 

 

ついに待ち人来る。JGC修行を終えてから16日目に、待ちに待ったJMBサファイアカードが届きました。いや~長かった。サファイアカードが届くまでの流れは以下の通り。

 

 

 

JMBサファイアカードが届くまでの流れ

 

12月15日 解脱フライト(50,000FLYONポイント達成)

12月17日 ステイタスがサファイアに変わっていることを確認

12月31日 サファイアカードが郵便で届く

 

 

ちなみに解脱後、FLYONポイントが50,000ポイントに到達しているのに、アカウントの画面がクリスタルのまま、という一瞬のズレが生じるレアケースがあるらしいので、解脱フライト翌日の16日→17日に日が変わった直後くらいにログインして、自分のアカウントのステイタスを見てみたのですが、残念ながらその時既に遅し。画面はサファイアに変わってしまっておりました。16日中もログインしたかったのですが、その日は移動で超忙しく、ログイン出来なかったんですよね。なので、解脱直後は何だかうれしいやら、残念やら。

 

 

 

それから、実際にサファイアカードが届くまで、2週間を超える日々をひたすら待ちました(というか遅くない?)。アカウント画面では、FLYONポイントも50,000を超えてるし、ステイタス画像もサファイアに変わっているし、絶対届くのはわかっているのですが、それでも郵便ポストを今か今かと、毎日のぞきに行ってました。

 

 

 

そして、今年の締めくくりを飾るように12月31日、ついにサファイアカードが届きました。月並みですが、うれしすぎるので(笑)、中に入っていたものを紹介しておきます。

 

 

JMBサファイア郵便物中身の紹介

 

1)JMB FLY ON Program サファイアカードが入った封筒

 

img_8434

この厚みがクリスタルカードの時と異なり、ステイタス感を増しています(だってJGC入会申込書が入ってるからね~)。

 

 

2)JMBサファイアの案内状

 

jgcannai

「赤線」の部分のコメントが感無量ですねー。また「赤枠」のところにJGCのことについてしっかり書かれています。至極の世界へいざなわれている感覚に酔いしれます。いよいよだ。

 

 

3)サファイアカードの案内パンフ

 

img_8436

まずはサファイアカードの案内。サファイア会員になると、以下のように、より高いステイタスのサービスが受けられるようになります。

 

 

・マイルUPボーナス(+105%)

・専用予約デスク

・優先キャンセル待ち

・優先空席待ち

・手荷物許容量優待

・ラウンジ利用

・JALファストセキュリティーレーン利用

・JALグローバルクラブエントランス利用

・優先搭乗

・JALグローバルクラブへの申し込み

 

 

マイラーならば特に赤字のサービスが利用できることにステイタスを感じることでしょう。もちろん、最大のメリットは「JALグローバルクラブへの申し込み」ですね。

 

 

4)JMBサファイアカード

 

img_8435

そして、JMBサファイアカード実物。

 

 

5)JALグローバルクラブ(JGC)入会申込案内

 

img_8438

 

中を開いてみると・・・

 

img_8439

いや~、ゴールドが基調で何だかキラキラしてますね!ステイタス感マックスです。

 

 

6)JALグローバルクラブ(JGC)入会申込書

 

img_8441

この表紙の2枚目が実際の申込書になっています。中身を読んでみるけど、うんうん、すでに散々調べてるので、全部知ってます(笑)。

 

 

 

JGCカードを選ぶ際に注意すべきこと

 

上記のサファイアカードの封筒に同封されていたJGC入会申込書は、提携ブランドやカード種別を変更せず、JGCへ入会される場合のみ使用できます。つまり、この場合が最もJGCカードの発行が早くなります。

 

 

 

逆に以下のような場合は、JGC入会には別途専用の書類が必要になりますので、改めてJGC事務局まで連絡が必要です。さらに審査が発生するケースもあるかと思いますので、JGCカードの発行が遅くなること必至です。

 

 

 

・提携ブランドを変更してJGCへ入会する場合

例:Visa→Master

 

 

・カード種別の切替をしてJGCへ入会する場合

例:普通カード、CLUB-Aカード→CLUB-Aゴールドカード、プラチナ

 

 

・現在持っているカードが次の場合

例:家族会員カード、法人カード、ディズニーデザインカード等

→新たにカード発行が必要になります。

 

 

 

ただ、これらのことは事前に情報としてわかることなので、JGC修行をしてJGCへの入会を目指している方は、事前に提携ブランドやカード種別の変更がないように希望のカードを発行しておいてください。

 

 

 

ちなみに私はJGCに入会した後も、年会費を押さえるためにCLUB-Aカードを発行しておいたため、同封の申込書を使ってスムーズにJGCカードを発行出来ます。

 

 

 

JGC入会ワープ申請とは

 

50,000FLYONポイント達成すると、すぐにJGCに入会して、カードを入手したいと思うのが心情ですよね。

しかし、通常のパターンだと、前述の通り、JMBサファイアカードが届く→JGC入会申し込みとなるため、私も2週間以上、首を長くして待っていたように、JGC入会までには結構な時間を要します。

 

 

 

これだけ待たされると、実際に「次のフライトがあるんだけど、その時にJGCカードを使いたい!」という方もいますよね(私はたまたまフライトの予定はなかった)。

 

 

 

そんな時、JGC入会までの期間を短縮する「ワープ申請」という方法があります。といってもJALのデスクに直接連絡して「JGC入会申込書送って~」とお願いをするだけですが。

 

 

 

これだとJGCカードを発行するまで確実に数日は早くなると思いますが、デメリットとして、「JMB」サファイアカードがもらえません。なんだかもらえるものがもらえない、というのは、ちょっと損をした気分なる貧乏性なので(笑)、私はワープ申請をしませんでした。

 

 

 

ちなみに裏技(?)として、ワープ申請の全く逆で、サファイアステイタスサービス期間内に申し込む必要があるJGCですが、サービス期間が「終了」してから、JALのデスクに電話して、「JGCに入りたいので申込書送ってもらえますか・・・」とお願いした友人がいます。結果は無事JGCに入会出来たようです。。。JALさん太っ腹ですね。まぁマイラーならこんなことはあり得ないと思いますが参考情報として。。。

 

 

 

以上、JMBサファイアカード到着のご報告でした。

 

 

 

 


【JGC修行】JALグローバルクラブ(JGC)とは?取得方法(条件)とメリットについてまとめて説明します。

 

 

jgctop

出所:https://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/

 

 

JALグローバルクラブ(ジャルグローバルクラブ:略称JGC)とは、JALカードに付帯されるJALマイレージバンク(通称JMB)の上級会員組織のことです。

 

 

もう少し簡単に表現すると、以下のようなお客様が加入できる上級会員組織ということになります。

 

1)JALマイレージバンクに加入している

 

2)JALカード(種類限定有り。以下参照)を持っている

 

3)搭乗回数が多い

 

 

この記事ではマイラーなら誰もが目指したい、または目指している(もしくはもう持っている)JALグローバルクラブの全容を説明していきたいと思います。

 

 

JALグローバルクラブ(JGC)入会資格(基準)とは

 

JALグローバルクラブ(JGC)に入会するためには以下の条件を満たす必要があります。

 

 

1)1~12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃で搭乗すると積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上の搭乗実績があること。

 

 

2)JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれか保有すること。

 

 

3)JALグローバルクラブ規約を遵守すること。

 

 

4)JALグローバルクラブ入会の申し込みは、JMBサファイア以上のステイタス保有期間内に行うこと。

 

 

このうち、マイラー人生を送っている、もしくはこれから送ろうとしているあなたに重要なポイントは、1)と4)。この2つの条件は、JMBサファイア会員取得条件と重複します。

 

 

つまり、1)で1~12月の間にJALマイレージバンクのJMBサファイア基準に到達すると、翌年度からJMBサファイアのサービスを受けられるとともに、4)の通り、翌年1年間のJMBサファイアステイタスを保有している間に、JGCの入会を申し込めば、JALグローバルクラブ(JGC)会員にもなれる、ということです。ここがまずわかりにくいのですが、しっかりと理解しておかないと、何が何だかわからないことになります(私も最初そうでした)。

 

 

 

JALグローバルクラブ(JGC)最大の特徴とは?

 

「JMBサファイア会員のサービスを受けられるのに、なぜJALグローバルクラブ(JGC)会員にもなるの?」

 

 

という疑問が湧いてきませんか?もし湧いてきたならばあなたの思考回路は正常です(笑)。

 

 

確かにJMBサファイアとJGCの違いは、ボーナスマイルの違いくらいしかないです。

 

 

・JMBサファイア 105%

 

・JGC 35%

 

 

ちなみに東京-ハワイ路線で獲得できるマイルを試算してみると以下の通り。

 

 

JMBサファイア 7854×2=15708マイル

 

JGC 5172×2=10344マイル

 

 

同じ路線、同じ運賃で搭乗した場合、その差、5364マイルとなります。

 

 

これをサファイアのメリットと見るかどうかはあなた次第ですが、これ以外の空港でのチェックインカウンターがファーストクラスカウンター(国際線)やJALグローバルクラブカウンター(国内線)を利用できるのも同じ、優先搭乗順位も同じ、サクララウンジを利用できるのも同じです。

 

 

ではなぜ、マイラーが修行してでも、是が非でもJALグローバルクラブ(JGC)会員になりたいかというと、前述の2)と関連してきます。

 

 

「JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれか保有していれば、会員資格は継続する。」

 

 

JALグローバルクラブ(JGC)を目指す理由はこの一点に尽きます。

 

 

一方、サファイア資格は毎年1月に資格取得に必要なFLYONポイントがリセットされます。つまり、毎年0(ゼロ)からのスタートとなりますが、JALグローバルクラブ(JGC)は、所定のカード保有さえしていれば(カード年会費が必要)、毎年自動更新され、半永久的にサファイア会員に匹敵するJGCのサービスを受け続けることが出来るのです。

 

 

 

JALグローバル会員(JGC)資格維持に必要なコスト

 

JALグローバル会員(JGC)は、「カードの年会費」だけ支払えば、半永久的にサファイア会員とほぼ同様にJGC会員としてサービスが受けられます。

 

 

では、そのカードの年会費はいくらなのでしょうか?

 

 

jgccardlineup

 

具体的に上記のどのカードを保有していてもJGCのサービスは受けられますが、カードの違いは元々のカード自体のサービスに依存しますので各カードのサイトなどをチェックしてください。

 

 

カードを選ぶ際、そのカード自体のサービスと年会費が見合うなら、そのカードを選択すれば良いと思います。一方、JGC会員を維持するためだけなら、赤枠のCLUB-Aカードが年会費も最も低いためおすすめです。

 

 

なお、カードを選択する時の注意点が2つあります。

 

 

1)JALグローバルクラブ(JGC)会員の申し込みをするまでに上記どれかのカードを保有しておく

 

2)「JALグローバルクラブJALカードSuica」はCLUB-Aゴールド、および家族会員カードは申し込めない

 

 

1)については、JGCの申し込みに必須であるサファイア会員に到達したのち、実際にJGC会員になるための申し込みが別途必要ですが、その際にその時に持っているカードの種別が変わる場合、カード発行に時間がかかります。せっかくJGC会員の申し込みをしたのですから、早くカードは欲しいですよね。

 

 

それだけではなく、カードのグレードが上がる場合、審査が新たに必要になるため、最悪の場合審査落ち、ということも考えられなくもありません。そうなればせっかく苦労してJGCを目指したのに目の前で門前払い・・・ということにもなりかねませんので。

 

 

2)については、「Suica」がセットされているので、特に首都圏マイラーがはまりやすいかと思いますが、JALグローバルクラブ(JGC)会員のメリットとして、

 

 

「本会員と生計を同一にする「配偶者」、「ご両親」、「18歳以上の子供」は年間の搭乗実績にかかわらず、希望に応じて家族会員として入会が可能で、サービスなども本会員と同様のサービスを利用できる。」

 

 

ということになっているため、家族のいる方はほぼ無条件で本会員と同様のサービスが受けられますので、大変メリットのある条件となっています。しかし、「JALグローバルクラブJALカードSuica」を選択してしまうと、その家族会員カードは申し込みが出来ませんので注意してください。

 

 

 

JALグローバルクラブ(JGC)のサービス内容とは

 

では、JALグローバルクラブ(JGC)会員になると具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?以下、箇条書きですが私のコメント付きでどうぞ。

 

 

1)初回搭乗ボーナス

毎年初回搭乗時に3,000マイルをプレゼント

純粋に嬉しい

 

2)搭乗ごとのボーナスマイル

JALグループ便、アメリカン航空便、ブリティッシュ・エアウェイズ便、イベリア航空便への搭乗ごとにボーナスマイルをプレゼント(35%)

純粋に嬉しい。でも50%くらいはほしい・・・

 

3)会員専用予約デスク

JALグループ便を予約の際は、会員専用予約デスクを利用できる

⇒今はネットで予約できるからな~。ネットで検索出来ない周遊航空券などを発行する時に便利かも(使ったことないけど)

 

4)ご予約時の優先キャンセル待ち

希望のJALグループ便が満席の場合、キャンセル待ちを運賃ごとに優先的に取扱い。

⇒事前にスケジュールを立てるマイラーにはあまり必要ないサービスかも。安い運賃を狙うとキャンセルが出るまで待ってられないし。

 

5)前方座席指定サービス

JALグループ便をご予約の際、前方座席を優先してご指定

これ、何気にうれしい。実は優先搭乗より良いサービスだと個人的に思う。

 

6)チェックインサービス

JALグループ便利用の場合は専用カウンターでチェックインが可能

重要なサービス。特に現場ではステイタス感を感じられるサービスです。

 

【国際線】JALファーストクラス・チェックインカウンター

ワンワールド アライアンス加盟航空会社利用時はエメラルド、サファイアと同じカウンターを利用可

 

【国内線】JALグローバルクラブ(JGC)カウンター

 

7)空港での優先空席待ち

⇒これ、乗れるか乗れないか、の時はあまり使わないけど、普通シートで予約してて、やっぱりクラスJにしたい時、利用したことがあります

 

8)JALグローバルクラブ専用エントランス利用

JGCカウンター(チェックインカウンター)横にある保安検査場に通じるJGC専用エントランスを利用出来ます。(羽田空港、伊丹空港、福岡空港、新千歳(札幌)空港のみ)

重要なサービス。特に現場ではステイタス感を感じられるサービスです。

 

9)ファストセキュリティレーン利用

成田空港第2ターミナル出発のJAL国際線ご利用時に、セキュリティレーン入り口の専用セキュリティチェックを利用出来ます(海外の空港はそれぞれ対応が異なります)。

重要なサービス。特に現場ではステイタス感を感じられるサービスです。

 

10)空港での優先搭乗

JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便への搭乗時に優先的に搭乗出来る

重要なサービス。特に現場ではステイタス感を感じられるサービスです。でも実は混んでいる便や荷物が少ない場合などはむしろ後から乗った方が良い場合もあり、メリットが出ないことも。

 

11)国内線クラス Jクーポン(マイル引き落とし)

JALグループ国内線の「クラス J」を利用できる「クラス Jクーポン」または「クラス J-eクーポン」に引き換えることが可能。二親等以内の親族の方まで譲渡OK。

⇒これ、いまいち価値がわからない・・・

 

12)受託手荷物無料許容量の優待

これは何気に嬉しいサービス。結構20kgを超えるケースがあるので。

 

jgccardservice

 

13)プライオリティバッゲージサービス

JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便利用時に、到着空港にて優先的に手荷物の引き渡しを受けられる

普通にうれしいサービス。空港に着いてからの行動が早くなります。

 

14)ラウンジサービス

会員ご本人様とご同行者1名様まで無料でサクララウンジに入室できる

最重要なサービス。マイラーとしては最高にステイタス感を感じられるサービスです。ラウンジにいる時間、大好きです。

 

15)バッゲージタッグプレゼント

JGCオリジナルのバッゲージタッグ(革製)(名前刻印あり)をもらえる

⇒うーん、これは実際使ってる人いるのかな?

 

16)JALオリジナルダイアリープレゼント

JALオリジナルダイアリーがもらえる

⇒うーん、微妙。でもダイアリーが要らないと言えば、代わりにマイルをくれます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

現在は搭乗実績とは関係なく、カード保有のみで継続され、飛行機が好きなマイラーには非常にメリットの多いJALグローバルクラブ(JGC)ですが、過去には2年ごとの搭乗実績のチェックがあったようです。

 

 

最近の傾向として、メリットのあるサービスには、情報がネットで拡散し、サービスの維持が出来なくなった結果、改悪へと動くケースがよくあります。

 

 

そんなことになる前に、ぜひあなたもJALグローバルクラブ(JGC)会員を目指してみてください。

 

 

 

 


【JGC修行】JGC修行とは何か?飛行機に乗り続ける理由とは?

 

 

 

JALに限らず、各航空会社は搭乗回数が多いお客様に対して、上級ステイタスを与えて、さらにそれぞれのステイタスのランクによって「特別なサービス」を提供しています。

 

 

この「特別なサービス」を受けるために、飛行機に乗り続ける行為を「修行」、そして「修行」をやっている人を「修行僧」と呼んだりします。

 

 

つまり、通常ならば、旅行などで目的地へ行くための「手段」である飛行機搭乗が、乗ること自体が「目的」なのです。

 

 

では、その「特別なサービス」とは何なのでしょうか?

 

 

 

JALのステイタス会員のしくみ

 

まずはJALのステイタス会員のしくみを理解しておきましょう。

 

 

JALではJMB(JALマイレージバンク)会員に対して、搭乗時にもらえる「マイル」とは別に「FLYONポイント」というポイントを与えています。

 

 

このFLYONポイントが一定数貯まる、もしくは搭乗回数が一定数を超えることでステイタスが上がっていきます。

 

 

なお、このポイントや搭乗回数のカウント期間はその年の1月~12月。36カ月有効期限がある「マイル」に対して、FLYONポイントは翌年1月になると0にリセットされてしまいます。つまり、その年のステイタスは前年1月~12月の搭乗実績にて決まるということです。

 

 

各ステイタスは以下の通り。

 

jgcstatus

 

 

各ステイタスのメリットの詳細は別の記事で書きたいと思いますが、基本的には、「予約時」「マイル積算」「搭乗時」「ラウンジ利用」などの優遇、または優先サービスを受けられます。

 

 

 

JGC修行僧が修行をする最大の目的とは?

 

JALの各ステイタス会員が、飛行機搭乗時に受けられる各種優遇サービス。

 

 

永遠にこのサービスが続くと思いきや、翌年度も乗り続けないとステイタス資格を失ってしまいます。

 

 

なので、まず初心者修行僧が目指すのはこれらのステイタス資格を保有することではありません(もちろん、それを目的にする場合もあります)。

 

 

修行僧が修行をする最大の目的は、「ある一定の条件を満たせば、半永久的に上級会員と同じような手厚いサービスを受けられる」からなのです。

 

 

そのある一定の条件とは一体・・・

 

 

それは「JMBサファイア以上の会員になること」です。

 

 

なぜなら、このJMBサファイア会員になることで、「JALグローバル会員(JGC)」への会員資格が与えられるのです。ここが修行僧がまず目指す大きな目的です。

 

 

JALのステイタス会員はサファイア以上になると、格段に優遇サービスが充実し始めます。優先搭乗が出来たり、専用の保安検査場が使えたり、ラウンジでゆっくりしたり・・・

 

 

しかし、ステイタス会員の最大のウィークポイントは、「1年限定」である点であること。

 

 

一方で、サファイアとほぼ同様のサービスを、しかも搭乗実績にかかわらず半永久的に受けることが出来るのがJALグローバルクラブ(JGC)なのです。

 

 

JMBサファイアを目指し、JGC会員へ申し込むためには、FLYONポイントを50,000ポイント貯めなければいけません

 

 

 

JGC修行におけるFLYONポイントの考え方

 

このFLYONポイント、実はマイルを貯めて搭乗する特典航空券では加算されません。つまり実費で搭乗する必要があります。陸マイラー泣かせですね。

 

 

となると、少しでも運賃が安いチケットを手に入れたいですよね。しかしながら、航空会社の運賃は様々な設定があり、運賃が安くてもFLYONポイントが貯まりにくかったり、逆に運賃は高いが、FLYONポイントを一気に稼げる、という路線や時期もあります。

 

 

そこで、修行僧が以下に効率的にFLYONポイントを貯めているか?の目安として、1FLYONポイントを獲得するのに必要なコスト=コスト/FOPを使います。要はこれが一番小さくなる路線が最も効率が良いわけです。ちなみに修行僧の間では、10円/FOPを境に下回れば効率良い路線、と判断していることが多いようです。

 

 

例えば、多くの修行僧が活用する羽田空港発の便を元に考えてみます。

 

 

基本的には「長距離路線」「高い運賃」であるほど、FOP単価は低くなる(=効率が良くなる)傾向にあります。

 

 

羽田発の長距離だと、羽田-那覇便が人気です。距離だけで言うと羽田-石垣島や羽田-新千歳なども候補に挙がりますが、石垣島は選択出来る便が少ない、新千歳は運賃の割に獲得ポイントが少ないなど、日程や費用の面で羽田-那覇便に劣ります。

 

 

hnd_okafare

 

上記は「閑散期」かつ、多くの人が利用できる「日曜日」の羽田-那覇往復を想定した運賃表です。(獲得ポイントはJALCLUB-Aゴールドカード保有を前提)

 

 

一目見て分かっていただけると思いますが、

 

1)運賃が高い(安い)からといって、効率が良いとは限らない

 

2)座席クラスが高いからといって、効率が良いとは限らない

 

ということが分かると思います。

 

 

結局のところ、上記日程および路線では、「クラスJ」かつ「特便割引21」を利用すると最も効率が良いことがわかります。那覇-沖縄便だと驚異の5.9円/FOPです。実際、私が修行した時も特便割引21を使うことが多かったです。

 

 

ただし、「特便割引21」の欠点は21日前には予約をしないといけないということです。また予約後に便の変更も出来ません。また人気のチケットなので競争率も高くなります。よってスケジュール管理が重要になります。

 

 

ちなみに修行期間中、この路線、この運賃をキープできたとして、修行にかかる総額はいくらになるでしょうか?

 

 

・往復で獲得できるFLYONポイント・・・4144ポイント

 

・往復の運賃・・・31,280円

 

・50,000ポイントに達するために必要な往復回数

(50,000-5000(※))/4144≒10.9

(※)初回搭乗ボーナス有り

 

・31,280円×11往復=344,080円

 

 

となります。これを高いと思うかどうかは、あなたの価値観によるところが大きいですが、私は今後、半永久的に飛行機搭乗時に優待サービスを受けられると考えると、ある意味メリットを生み続ける「資産」を取得すると考えると価値のあるものだと考えています。

 

 

 

修行前に準備しておくこと

 

 

上記の試算のところでもチラリと出てきましたが、修行をするならJALCLUB-Aゴールドカードを事前に保有しておいてください。

 

 

同じ区間をフライトしても、もらえるマイル数が増えることもメリットとしてありますが、それ以上に重要なことが、JGC(JALグローバルクラブ)カードを申請する際に、JALCLUB-Aゴールドカード以上のカードを保有していると、申請がスムーズです。JAL普通カードなどを保有していても申請は出来ますが、新たに審査が必要となり、時間がかかるばかりか、いよいよJGC会員だ!という時にまさかの審査落ち!になったりすると目も当てられません。私もJALCLUB-Aゴールドカード保有者です。まだJALCLUB-Aゴールドカード以上のカードをお持ちでない方は以下のリンクからどうぞ。



 

 

なぜ、修行僧は修行を行うのか?修行中は何を基準にして行動しているのか?そしてこれから修行を考える場合、何が準備として必要か?ということをお伝えしました。

 

 

しかし、これらはあくまでも基本形です。例えばFLYONポイントの効率だけを追求すると、スケジュールが過密になったりする場合がありますが、少々効率が悪くても、ゆったりと旅行がてらに修行をしたいという方もいらっしゃるかもしれません。ぜひ、今回の記事をベースにあなたにあった修行スタイルを見つけてみてください。

 

 

 


陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めてます。JGC解脱済み。JALグローバル会員、ヒルトンHオナーズゴールド会員。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。関心がある方は、まずはトップページの「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

ハピタスでは期間限定のポイントプレゼント中。
無料登録⇒広告を1度利用(無料案件でOK)⇒ポイントをどこかへ1度交換するだけで1000pt(1000円分)がもらえます。2017年3月31日まで。


まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ