美ら海水族館 評判

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【ソラぶら沖縄】沖縄旅行記~その3~隠れた魅力を発見!沖縄美ら海水族館

 

 

 

沖縄旅行記その1、その2をまだ読んでいない方はこちら

↓↓↓

沖縄旅行記~【ソラぶら沖縄】その1~関西国際空港KALラウンジを利用してみた

沖縄旅行記~【ソラぶら沖縄】その2~究極のサーターアンダギーとの遭遇

 

 

 

これまで、エアポートラウンジやサーターアンダギーなど、観光情報と言えば観光情報だけど、ちょっと回り道した感がある旅行記になっていますが、今回は沖縄旅行の本丸、「沖縄美ら海水族館」訪問記を書きたいと思います。

 

 

tyuraumi

 

 

沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北西部の本部半島にある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区内の水族館で、一般財団法人沖縄美ら島財団が管理・運営しています。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら海」という意味です。大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄の有名な観光地となっていて、沖縄どころか全国で知らない人はいないのでは?というくらい、今や日本を代表する有名な水族館です。

 

 

 

まず、美ら海水族館に行こうと地図などを確認している時、初めて知ったのですが、上記の紹介文にもあるように、美ら海水族館単体で存在しているのではなく、国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区という広いエリアの中の一角として水族館があるんですね。

 

tyuraumimap

 

 

tyuraumi1

大階段がある部分が正面入口(実際はこの建物の奥側が入口)の左側(入口から入ると右側)に水族館があります。(上記マップを海側から見た写真になります)

 

 

 

IMG_5470_600

こちらが入口を入ったところから撮ったアングル。ここを右に曲がると・・・

 

 

 

IMG_5471_600

水族館の入口があります。

 

 

 

入口を入ると、最初は小さい海洋動物が触れたりするコーナーや主にサンゴ礁に生息する小さな魚の展示が続きますが、やはり美ら海水族館の名物と言えば、大水槽&ジンベイザメですよね。人が多かったこともありますが、他の魚には目もくれず、一目散に館内を進んでいくと・・・

 

 

 

キターーーーーーーーーーー!

 

IMG_5482_600

大勢の人間どもをあざ笑うかのような雰囲気さえ漂う、巨大な水槽とジンベイザメが、突如出現!評判通りの大スケールです。よくよく考えると(考えなくても?)大水槽&ジンベイザメは、大阪の海遊館でも見ることが出来るのですが、美ら海水族館を有名にしたのは、この人間とのコントラストを最大限に演出した水族館設計にある、と私は感じました。

 

 

 

IMG_5483_600

ジンベイザメは3匹いるのですが、それぞれが回遊しているので、3匹揃ったところが撮影チャンス。

 

 

 

IMG_5484_600

比較対象がないので、分かりにくいですが、巨大です。宇宙船を見上げているよう。

 

 

 

しばらく、大水槽の前で時間を過ごした後、もう一つのお目当て、イルカのいるところへ移動。

 

 

IMG_5552_600

オキちゃん劇場と名付けられた屋外スペースがイルカショーの舞台です。

 

 

 

イルカショー自体は、各地のイルカショーを見てきた私にとっては、割と平凡な感じがしましたが、

 

 

IMG_5538_600

この完璧なタイミングのショットを撮れたことで気付いたことは、「イルカって結構高く飛んでるなぁ~」ということでした。肉眼だと一瞬で飛んで、そして落ちてくるので、高さをあまり感じる時間もありませんが、この静止画を見ると、かなり高く飛んでいることがわかりますね。イルカさん、本当にご苦労さまです・・・

 

 

 

イルカショーは、そこそこでしたが、実はこのメインプールの横で、ひっそりと変わったデモストレーションをしていました。デモストレーションの基本的な目的は「イルカが水中でどんな動きをしているのか」ということを見せてくれるショーでした。

 

 

IMG_5516_600

水上でジャンプする前に、イルカは水中でどんな動きをするか、とか、水中でダイバーのお兄さんとコミュニケーションを取っている様子や、

 

 

IMG_5517_600

イルカのおなかを見せて、オスとメスの違いを教えてくれたり、

 

 

IMG_5521_600

イルカが人間の思い通りに動いてくれるのは、水中での超音波だけでなく、超音波が届かないところもしっかりと見ていることを証明するために、水槽の外の観客が出したサインに反応しているところを見せたりしていました。

 

 

これは、イルカショーを見なれた方なら、お気付きだと思いますが、結構、画期的なデモストレーションです。こんなショーはなかなか見れるものではありません。なぜなら、そもそもこういった水槽の作りになっているところがないからです。

 

 

水上で飛び上がったり、演技したりするイルカショーだけでなく、普段のショーでは、見えない、気付かないところを見せてくれる、という点で、美ら海水族館の本当の凄さや、奥深さを感じました。

 

 

 

美ら海水族館、行ってよかったです。こんな経験が出来るのもマイルのおかげです。こういう感動を得るためにマイルを貯めてほしいと思います。

ぜひ、沖縄にマイルで飛んだ際は、美ら海水族館にお立ち寄りくださいね!

 

 

 

追伸1

 

美ら海水族館に行く途中の道の駅「許田」というところで、美ら海水族館の割引入場券(チケット)が販売されています。金額にして大人ひとり250円と、割引額が少ないように思えますが、割引率にすると13.5%の割引です。レンタカーを借りたりすると付いてくるクーポンなどは、通常5%引きが相場なので、ここの道の駅「許田」の割引率がいかに高いか、がおわかりいただけると思います。家族で行くと同じように入場するだけで、料金が1,000円は安くなりますしね。ご参考まで。

 

 

 

追伸2

 

ちなみにレンタカーを借りる時も、ハピタスで「レンタカー」と検索すれば、ポイントが貯まります。例えばスカイレンタカーだと、430pt、ソラチカルートで387マイル貯まります

 

skyrentacar

ハピタスへの無料登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿

陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年30万マイル以上を【自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは100万マイル以上保有。JALグローバルクラブ(JGC)会員、ANAプラチナ会員(事前サービス中)。SFCカード申請待ち。ヒルトンHオナーズゴールド会員。「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたの人生が大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
カテゴリ
私も利用中のポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。最近ドットマネーギフトコードにも対応。ハピタスと同じく開設マストなポイントサイト

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
こちらも陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
モニター案件が充実。稼ぎやすく、使いやすいポイントサイト。初心者向け。


業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントを狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です

↑超便利な航空券検索サイト。私も行き先が決まればまずここを使って検索します。
タグ